お財布にもやさしい爽やかな春コーデなら「ショップリスト」がベスト!

20代の一万円以下の春コーデ

 

20代の春コーデをする上で、重要なキーワードは爽やかさを強調することです。

 

しかし、爽やかで若い印象のコーデになると、シンプルなコーデばかりになってしまうと悩むひとも多いようです。

 

かといって、デザイン性の豊かなものにしようとすると、うるさい印象のコーデになったり、お金がかかり過ぎたりとうまくいきません。

 

お財布にもやさしい爽やかな春コーデとは一体どんなものなのでしょうか。

 

今回はインナー、アウター、ボトムスの3点で1万円以下になるようにコーデを完成させてみました。

 

気取らないオシャレをするならモノトーンで決まり!

 

今年の春のトレンドアイテムの一つがMA-1です。王道のミリタリー色のカーキも素敵ですが、春の爽やかさを表現するなら、淡い色のMA-1も春コーデにおススメです。

 

MA-1をコーデに取り入れる時の注意点は、インナーアイテムをを充実させることです。

 

MA-1自体は、無地でシンプルな作りになっています。色味の強い黒やネイビーをインナーにもってくると、コーデにメリハリが出ます。

 

ワンポイントのようなものがあれば、なおアクセントになっていいです。MA-1はリブがあるので、作業着のようなラフさが出てしまうことがあります。

 

インナーアイテムにインパクトのあるものチョイスするだけで、ファッショナブルに印象に早変わりです。

 

シンプルなアウターの時にはインナーにお金を少しかけて、アクセント効果を強調することが大切です。他のアイテムは少々値段を抑えてもいいですね。

 

今回コーデに取り入れたインナーはネック部分がトリコロールカラーになっているカットソーです。ビビッドカラーが入っていてMA-1にキレイにアクセントを加えられます。

 

ボトムスは、ネイビーやインディゴブルーのデニムがいいですね。

 

トップスがライトグレーと黒でモノトーンな印象なのでデニムはクラッシュ加工のあるもので、若さを強調するのもいいですね。

 

今回は予算がなかったので、普通のデニムにしましたが、ダメージがなくてもウォッシュ加工のあるものを選ぶことで、若い躍動感のあるコーデになります。

 

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔インナー〕黒のトリコロールカットソー(参考画像URL:http://shop-list.com/men/disc24market/g00-016-han1/)3582円

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔アウター〕グレーのMA-1(参考画像URL:http://shop-list.com/men/mc/jkt-94-mc/)2754円

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔パンツ〕青のミディアムウォッシュ加工のデニム(参考画像URL:http://shop-list.com/men/archiver/k201/?eecckey=%83f%83j%83%80%81%40)2760円

値段はSHOPLISTサイト内によりもので、調べた日の価格です。
アイテムごとの価格は税抜き価格で、合計金額は税込みです。

 

 

Gジャンでもシックな雰囲気なコーデに!

 

Gジャンも、一枚持っておくと重宝する便利アイテムです。Gジャンのメリットは何と言ってもその着回し力です。

 

デニム生地なので、チェックシャツといった柄物も合わせてもうるさい印象になりませんし、ニットと相性もいいですね。

 

Gジャンは、タイトな作りのものが少ないので、インナーを少し着こんでも大丈夫です。

 

まだ肌寒い春先などは、パーカーを挟んでもモコモコしないので、気温の変動が激しい時にも、使えるライトアウターです。

 

Gジャンのコーデの時には、ボトムスでデニムを選択できない(色味の違ったデニムを持ってきてデニムONデニムでもアリですが、コツが必要です)ので、違う素材のものパンツをチョイスしなくてはなりません。

 

Gジャン自体がカジュアルなので、かっちり感のあるパンツが相性がいいですね。今回は、チェックの柄パンに合わせてみました。

 

柄パンの印象が強いので、インナーはシンプルなロゴTにすることで、コーデがうるさくなりません。

 

柄パンを合わせた時には、他のアイテムはシンプルに揃えることが重要です。インナーの丈の方が長いので、インナーをはみ出させるように着こなしましょう。

 

柄パンと聞くと、優等生なイメージかもしれませんが、ロック調のロンTと合わせれば、抜け感がプラスされてオシャレ度MAXなファッションです。

 

柄パンの時のトップスはチョイワルにすると、男性の魅力が際立つファッションになります。

 

ロゴT自体は、元々高価なアイテムではないので、目の留まりやすいアウターとボトムスにお金をかけて、デザイン性豊かなコーデに仕上げました。

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔インナー〕白のロゴT(参考画像URL:http://shop-list.com/men/marukawa/0112510486/?eecckey=T%83V%83%83%83c)1140円

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔アウター〕BLUEのGジャン(参考画像URL:http://shop-list.com/men/topism/jkt-6-top/?eecckey=G%83W%83%83%83%93)3147円

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔パンツ〕グレーのチェックの柄パン(参考画像URL:http://shop-list.com/men/8-eight/win289/)3501円

値段はSHOPLISTサイト内によりもので、調べた日の価格です。
アイテムごとの価格は税抜き価格で、合計金額は税込みです。

 

 

シンプルなミリタリージャケットは、インネーアイテムでさし色効果を足すのがコツ!

 

ミリタリージャケットは、秋同様、春も流行のアイテムです。特にブルゾンタイプだと、折りたたんで持ち歩けるので、一枚あれば重宝しますね。

 

カーキのミリタリージャケットは、シャープな印象ですが、赤との相性もいいのでチェックシャツをブルゾンの下に一枚いれればさし色効果を発揮し、コーデにメリハリが生まれます。

 

肌の色の白い人などは、さし色の効果をコーデにうまく使うといいですね。

 

そうでない人は、グレーの杢調カットソーに白パンでクールに着こなしてもカッコいいです。ブルゾンがシャープな作りなので、ボトムスもタイトシルエットの方がばっちり決まります。

 

ネック部分がボリューミーなブルゾンなので、ボトムスをシャープにすることできれいなYラインコーデに仕上がります。

 

カーキがやや渋めの色なので、20代の活発なイメージにするためには、やや明るめのボトムスがおススメです。

 

デニムをチョイスする時は、サックスブルーなどがいいですね。着数が多いので、表にでる面積が多くないインナーのTシャツは、リーズナブルにしました。

 

シャツも色味の強いものは少しの面積でさし色効果は抜群なので、高価なものでなくてもインパクトは絶大です。

 

アウターは、一番インパクトが強いので、しっかりしたものを選びました。パンツは細身のものを選ぶことが大事です。

 

できればウォッシュ加工がしてあるデニムの方が、カーキと合わせた時にエアリー感が生まれて、若い印象が強調できるので、おススメです。

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔インナー〕白のTシャツ(参考画像URL:http://shop-list.com/men/aquagaragemens/bm00104/?eecckey=T%83V%83%83%83c<B-TYPEオフホワイト>)578円

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔ミドル〕赤のチェックシャツ(参考画像URL:http://shop-list.com/men/mc/n-shirt-18-mc/<レッドチェック>)1610円

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔アウター〕カーキのミリタリージャケット(参考画像URL:http://shop-list.com/men/disc24market/g00-j12-han1/?eecckey=%8Ft)4189円

 

20代の一万円以下の春コーデ

〔パンツ〕ブルーのデニム(参考画像URL:http://shop-list.com/men/rockste/619185/)2342円

値段はSHOPLISTサイト内によりもので、調べた日の価格です。
アイテムごとの価格は税抜き価格で、合計金額は税込みです。

 

 

コーデで、だ大切なのは、何を一番目玉にするかを決めることです。

 

目玉になるものを決めたら他のアイテムは価格を抑えたもので調節すると、コーデ全体が安価になります。

 

こうすることで、コーデ自体にアクセントも生まれ、春の爽やかコーデがリーズナブルに仕上げることができますね。

 

今回ご紹介したアイテムは「SHOPLIST(ショップリスト)」さんから取り上げいます。

 

他にもトレンドアイテムや定番アイテムも揃っているので、一度覗いてみて下さいね!

 

20代の一万円以下の春コーデ