自分に合う方法を探してファッションセンスをアップしましょう!

ファッションが苦手な30代が簡単にオシャレになる方法

 

30代になり、どうにもコーデが楽しめないという方もいらっしゃいますよね。

 

「洋服は裸ではない為のアイテムにしか過ぎない」そんな分に考えてしまえば、コーデに時間を割こうとは思いませんね。

 

でもファッションは人の印象を左右するものです。

 

ファッションから気分を盛り上げて行くこともできますし、心象を明るくすることだってできます。

 

ならば、悪い印象のコーデよりもいい印象のコーデの方がいいですよね。

 

具体的にどのような方法でファッションセンスを上げることができるのでしょうか。

 

ファッションビルの店員さんを参考にする

ファッションが苦手な30代が簡単にオシャレになる方法

 

一店舗しかないお店や百貨店のハイブランドのお店は、店舗自体をがっしり構えていて、入りづらいということもありますよね。

 

入店してたら、何か一個は買わないとお店を出られないような雰囲気さえ感じるお店もあります。

 

「ちょっと勉強したいだけ」というニュアンスならファッションビルがおススメです。

 

ファッションビルは、1フロアに複数の店舗が入っていて、オープンスタイルになっているお店が多いのが特徴です。

 

これだと気軽に入店できますね。ファッションブランドの店員さんは、自社ブランドの洋服アイテムを着ている場合が多いので、店員さんを参考にしましょう。

 

店員さんは、サイズ感やコーデ方法の説明のために自社ブランドの服を着ています。

 

ファッションの勉強をしている人も多く、ファッションセンスがいい人が多いですね。

 

30代がメインターゲットのお店では店員さんも同世代です。

 

自分と同じような背格好の店員さんのコーデを勉強しましょう。

 

店員さが着ている服は、そのショップの売れ筋商品だったりすることが多いのでこのような格好が、一般ウケしやすいのだと勉強になりますね。

 

まじまじ見ていると、気持ち悪い人だと思われているので、さりげなくチラ見する程度にしましょう。

 

また、店舗に入り店員さんに話しかけられないか心配な場合は、なるべく混雑している休日の昼間の時間帯がおススメです。

 

他のお客さんの接客をしていれば、話しかけてはきません。

 

プレッシャーを感じることなく買い物するなら、通販サイトがおススメ!

ファッションが苦手な30代が簡単にオシャレになる方法

 

どうしても店員さんに話しかけられたくない人は、店頭には出向かず、通販サイトを利用しましょう。

 

一昔前の通販サイトは、オシャレなものが少なかったのですが、最近の通販サイトではオシャレなアイテムが多くてびっくりです。

 

絶対に急かされないので、ゆっくりアイテムを見ることができます。

 

「通販サイトって、見たことないけれど、どんな風に使うの?」通販サイトによっては、全身コーデを一括で購入できる「マネキン買い」ができるサイトもありますし、各アイテムごとに販売するところもあります。

 

マネキン買いができるサイトでおススメなのはメンズスタイルhttp://shop.menz-style.com/)です。

 

例えば、「春に気軽に入れる襟シャツがほしいな〜」と思ったら、「トップス」のカテゴリーから襟シャツを選択すれば、様々なカラーや種類の襟シャツを見ることができます。

 

「ファッションセンスのいい着方が分からない」となれば、「このアイテム着用のコーディネートを見る」というアイコン(かなり下までスクロールして「カートに入れる」というボタンの横にあります)をクリックすると、そのアイテムを着たコーデを見ることができます。

 

ここで勉強してもいいですし、気にいったコーデがあれば、そのまま購入することもできます。

 

とにかく自分のペースで勉強できますし、プレッシャーがないのが嬉しいですね。

 

ファッション小物をうまく活用してみる

ファッションが苦手な30代が簡単にオシャレになる方法

 

ファッションセンスのいい人に、ファッション小物をうまく使いこなしている人は多いですね。

 

例えば、MA-1などのシンプルなアウターの時に大き目の腕時計をしていたり、伊達メガネで白Tに色を指したりします(Vゾーンを首下に作れるのでスッキリした印象になります)。

 

ファッションをうまく使用とすると、インナー、アウター、ボトムスにばかりに集中してしまいがちですが、小物でコーデにアクセントをつけるとファションセンスが格段によくなります。

 

例えば、先程のように、腕時計をファッショナブルに使いこなす方法を考えてみましょう。

 

最近は携帯の普及で腕時計自体をしない男性も多いのですが、腕にアクセントがあるとファッショナブルになります。

 

特に袖にリブがあるアイテムの場合、手首が露出するので腕時計のチョイスに気を配れば、コーデにメリハリを与えることができます。

 

シンプルなコーデの場合は、文字盤の大きい(通称デカ時計)時計をするとインパクトが大きいですね。

 

腕時計のベルト部分の違いでも、ファッションの色を左右します。

 

腕時計のベルトはシルバーのものもあればレザーのものもありますね。

 

ラフなイメージになりやすいMA-1がカーキの場合にレザーベルトを選択すれば、レトロな雰囲気になります。

 

しかし、このヴィンテージ感が好きではない人もいますよね。

 

そんな人はシルバーの腕時計をチョイスしましょう。ワイルド感が強く感じられるコーデになります。

 

しかし、現実ではコーデごとに腕時計を変えられるわけではありませんね。

 

シンプルなコーデが多い人は、腕時計が壊れた時に文字盤の大きいものを買い直しましょう。

 

中にはコーデのために一本千円くらいの安価な腕時計を何本か持って、腕時計のバリエーションを広げている人もいます。

 

一見、重点を置かない小物でもセレクトの方法を工夫すればファッションセンスがぐんと上がりますよ。

 

ファッションショップのブログに注目してみる

ファッションが苦手な30代が簡単にオシャレになる方法

 

メンズファッションショップのサイトでブログをアップしているブランドが増えました。

 

日本の各地に店舗を複数展開しているブランドでは、各ショップの店員さんが自社のブランドサイトにブログ載せていたりします。

 

中には天気やショップの近くに新しくオープンしたカフェの情報などファッションとは関係がない情報も載ってたりしますが、時に店員さんの全身画像が載っていたりします。

 

大半は自社ブランドのアイテムでの全身コーデの画像なので、ファッションの勉強にとてもいいです。

 

小物などは私物が多いのですが、それを参考にコーデを考えるとうまくいきます。

 

特にブログなので、記事自体も分かりやすく、砕けた表現が多いので大変読みやすいです。

 

「身長は178cmは変わらないけれど、今年は体重が増えてしまい60kgになってしまった!今年からジャケットはLでないときつい!」

 

などと書いてあったりするので、自分の体型を照らし合わせながら読めば勉強になります。

 

「この辺の背格好の人に似合うブランドなんだ」「少しぽっちゃりでもスタイリッシュに決まるアイテムが多いブランドなんだ」などということが分かれば、入店しやすいのではないでしょうか。

 

実際私も、ニット帽をうまく使ったコーデをしているショップが近所だったので、そのショップに出向き「あのブログのコーデカッコよかったです」

 

と素直に感想を述べたら、店員さんはとても嬉しそうにしてくれ、そこで使っていたニット帽子は、そこのショップのアイテムではなかったのに丁寧にニット帽子のお店まで教えてくれました。

 

自分では中々入らない帽子のお店でしたが、今でもちょくちょく通っていたりします。

 

ブログを読むだけなら、店員さんに話しかけられる心配も皆無ですし、一日に複数のブログをチェックできるので、効率的に時間が使える勉強方法です。

 

 

 

30代になり、今さら聞けないというムードの中、勉強するのは難しいのですが、上記の方法なら恥ずかしからずに(うまくいけば人と接触せずに)勉強できるのではないでしょうか。

 

ファッションセンスを少しでも上げたいなんて、向上心があってとても素敵なことです。

 

思い立ったら、自分に合う方法を探してファッションセンスをアップしましょう。

 

数ヵ月後には、ファッションも自分のモチベーションを上げることの一つに入っていたら素敵ですね。