コーデに若さを出すには、「大人の余裕感」をコーデにいかに出すかが重要です

40代が5歳若く見える夏コーデ

 

40代になり、少しでも若く見られたいというのは、誰しもが願うことではないでしょうか。

 

コーデでアンチエイジングを図るためには、40代の品格を保ちつつ、「大人の余裕感」をコーデに出すことで若さのあるコーデになります。

 

では具体的にどのようなコーデが若く見られるのでしょうか。

 

今回は5歳若く見えるという観点から全身のコーデを考えてみましょう。

 

 

デニムアイテムを積極的に使って、若さをプラスしましょう。

40代が5歳若く見える夏コーデ

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

デニムは、爽やかな印象なので、若返りコーデには積極的に使いましょう。

 

明るい印象のアイテムですが、デニムのボトムスは40代でも普通に穿くアイテムなので、無理なくコーデに取り入れられるのではないでしょうか。

 

今回は、トップスをデニムにしたデニムシャツコーデのご紹介です。

 

デニムシャツに襟が付いているので、ボトムスは多少着崩しても、ラフな印象になりません。

 

肌の見えるクロップドパンツでコーデに抜け感をプラスしましょう。

 

ホワイト系のボトムスを合わせれば、初夏に向けて大活躍のマリンルックです。

 

コーデに深みを足したい人は腕にレザーの腕時計かブレスレットをプラスして、色味を足しましょう。

 

ブラウン系の光沢がプラスされるだけでコーデにメリハリが生まれて、グッとオシャレ度がアップします。

 

「40代でマリンルックってアリなの?」…全然アリです!

 

爽やかな大人の男性といった印象です。

 

抵抗がある人は、インナーに合わせがちなボーダーカットソーではなく、ジャガードや無地の黒のカットソーを合わせましょう。

 

大人の落ちついた雰囲気もプラスされて、無理なくコーデに若さを出すことができます。

 

 

かっちりテラードジャケットのコーデの時には、透け感や抜け感で若さをプラスしましょう。

40代が5歳若く見える夏コーデ

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

春のかっちり定番アイテムのテラードジャケットですが、これに襟シャツとカーキのパンツを合わせると、落ち着き過ぎて老けた印象になり兼ねません。

 

かっちりアイテムを使ったコーデで、若さをプラスするには他のアイテムに抜け感を出しましょう。

 

まずは、インナーですが、VネックやUネック(丸首)のカットソーで十分です。

 

「Tシャツだと、ラフ過ぎる!」という人は、メッシュニットがおススメです。

 

メッシュニットは、透け感のあるアイテムなので、大人のセクシーさもあるのに、抜け感もあるという、まさに「大人の品格を保ちつつ、抜け感を出すアイテム」には最適です。

 

これをインナーに合わせましょう。あとは、地味になり過ぎないようにブルー系のデニムを合わせましょう。

 

テラードジャケットが、タイトなきれいめラインなのでボトムスも細身にしましょう。

 

ベージュのチノパンもアリですが、ブルーのデニムよりは、落ち着いた雰囲気が強くなります。

 

ジップのアクセサリーが付いているチノパンなどをチョイスして、活発なイメージをプラスするようにしましょう。

 

 

 

淡い色のアウターの時には、締め色アイテムを一つはコーデに取り入れるようにしましょう。

40代が5歳若く見える夏コーデ

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

トップスに淡い色味の物をチョイスした時には、他のアイテムに黒やネイビーといった締め色のアイテムを一つは入れるようにしましょう。

 

おススメコーデ例のようにサックスブルーのイタリアンカラジャケットは、初夏に向けて大活躍する爽やかアイテムです。

 

このアイテムは、デニムでフレッシュな爽やかさとイタリアンカラーでかっちり感の両方を兼ね備えた万能アイテムです。

 

40代で若さをコーデに取り入れたい人にはおススメのアイテムですね。

 

しかし、トップスの色が淡いと、全体的にぼやっとした印象になることがあります。

 

これだと、若いというよりもメリハリのないコーデになってしまいます。

 

こんな時にはジャケットのインナーに締め色の黒かネイビーのアイテムを合わせましょう。

 

おススメコーデ例のように、白シャツにネイビーのカーディガンでもいいですね、暖かくなって着数を減らしたい時には、ネイビーのVネックのカットソーでも爽やかコーデになります。

 

締め色アイテムは、全身の中で一つ入っていればいいので、ボトムスはそこまで、締め色にこだわる必要はありませんが、全体の印象をきゅっと引き締まった印象にしたい人は、黒のチノパンをチョイスするといいですよ。

 

 

 

シンプルコーデでもカラーバランスを気をつけるだけで、若い印象をゲットできます!

40代が5歳若く見える夏コーデ

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

初夏に向けてのコーデに一つで、白シャツを使ったコーデをお考えの人もいますよね。

 

カットソー+白シャツ…爽やかなコーデですが、白シャツがアウターに来る場合は、アイロンをかけなくてはいけません。これが40代ともなればなおさらです。

 

しかし、面倒ですよね。そんな時には、シワ加工のシャツをチョイスしましょう。

 

麻素材などは、シワが入っていると、むしろこのシワがデザインのようになっていて、コーデに躍動感を与えてくれます。

 

スーツのインナーアイテムとして着る襟シャツではなく、ウェスタンシャツなどがあるとこなれ感がプラスされてオシャレ度が高くなります。

 

白は爽やかアイテムです。これだけでコーデをぐっと若くしてくれます。

 

大人の気品を保つために、インナーはダーク色で締めるといいですね。

 

大人の男性がウェスタンシャツの襟を若干立て気味で颯爽と現れると、首元が強調されてとてもセクシーに見えます。

 

コーデの頑張った感もなくて、無理に若作りしている感もまるでありません。

 

シンプルながら、インナーに気を配るだけで、若い爽やかさと大人の気品の両方をコーデに与えてくれます。

 

 

 

 

40代の男性が、コーデに若さを出すには、「大人の余裕感」をコーデにいかに出すかが重要です。

 

襟の形やカラーのチョイスによってこの余裕感は生まれます。

 

着数が多くない春から初夏にかけては、組み合わせをするピースの数が少なくなるので、そんなに難しくはありません。

 

コーデが若返ると、何だかテンションも上がりますよね。爽やかなコーデで、気分を盛り上げて、休日が楽しくなればラッキーですね。

 

 

メンズファッション