屋内・屋外の2つの場面を気にしてコーデをすることが大事です

女子ウケする冬の大学生コーデ

 

こんにちは、ブログ管理人のミキです♪

 

大学生は、オシャレに敏感な年頃です。

 

勉強も大事ですが、オシャレを楽しんで女子ウケをゲットするのも、キャンパスライフでは、楽しみの一つですね。

 

では一体女子は大学生の男性にそんなファッションを求めてるのでしょう。キーワードにまとめてみました。

 

大学生のメンズコーデに女子が求める要素は、

 

  • ちょっぴり大人めなコーデに憧れる
  • 知的でクールに決めてほしい
  • 辛口ファッションをさりげなく着こなしてほしい
  • 強く男気あふれる感じに決めてほしい

 

といった意見が多いようです。

 

キーワードは分かったけど、実際のところよくわからないという人のために、実際のコーデを参考にしてみてみましょう。

 

ちょっぴり大人めに決めるコーデ

女子ウケする冬の大学生コーデ

スタンドカラーコートを使った大人っぽいコーデ
(参考URL:http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=15594

 

大学生って、女子も少し背伸びをしたがるもの。

 

男性にも「大人っぽいファッションをしてほしい〜!」というのが女子の願いです。

 

かといって、やり過ぎは禁物!キメッキメツのロングコートをなびかせてしまっては、「なんか陶酔してるぅ〜」なんて評判になっちゃいます。

 

ほどほどに!さりげなく大人びた冬ファッションにはショート丈のコートがおススメです。

 

ショート丈のコートは若い印象ですが、細身のラインのコートを選択すれば、稚拙にならずにぐっと大人っぽくなります。

 

その中でも、スタンドコートは、襟がかっちり立っている分、大人な印象が強いコートです。

 

襟の生地が多い分、単色のコートだとのっぺりした印象なのですが、首元にコートとは異なる素材のチンストラップのような装飾があるとぐっとオシャレ感が高まります。

 

コート一枚でもメリハリが生まれるので、他のアイテムの組み合わせが楽になります。

 

キレイ目コーデにするならインナーもキレイ目に決めるのが鉄則です。

 

襟シャツを合わせた場合、カラーネックのコートと同じスタンドフォルムになるように、襟を立て気味にするとクールです。

 

インナーとコートの間には、トラッドな雰囲気のY字のカーディガンがいいですね。

 

大学では授業中コートを教室で脱ぐので、ニットアイテムにまで気を遣いたいところです。

 

キレイ目なコートを脱いでも、きちんとカーディガンを着ていると、「きちんとした男性だなぁ」と感心しちゃいます。

 

カラーコートを前オープンで着れば、Y字のカーディガンが、ちょい見せでき、ニットの柔らかい印象もアピールできるので、大人っぽいん印象をより強調してくれます。

 

ショート丈のコートの場合、ボトムスの存在感も大きいので、気を抜かずにチョイスしたいですね。

 

デニムでもいいのですが、少し大人っぽい印象を狙うならチノパンがおススメです。

 

生地の感じが落ち着いているので、デニムよりもすこしかっちり感が強まります。

 

特にコートが、黒やネイビーのダーク色の時にはベージュのチノパンが相性抜群です。

 

ダーク色のコートの場合、全体的に暗い印象になりがちですが、ベージュのパンツはコーデに落ち着いた明るさをプラスしてくれます。

 

こんなコーデされたら、同い年の男の子でも、少し大人っぽく見えて女子をぽーっとさせちゃうかもしれません。

 

 

 

知的クールなコーデ

女子ウケする冬の大学生コーデ

知的クールなショート丈のコーとを使ったコーデ
(参考URL:http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/mane/C4984

 

ショート丈のP-コートは若い印象なので、大学生にピッタリです。

 

ショート丈のP-コートはシンプルなデザインが多いので、知的さを表現するためにワインレッドのアイテムをコーデに取り入れましょう。

 

ニットやカットソーでワイン色を足すことで、インテリジェンスな雰囲気は強まります。

 

色味もグレーのP-コートは、マットな印象ですが、色味の強いワインレッドをインナーに入れることとで、コーデが華やかになります。

 

クールな印象なので、黒のチノパンでもアリだと思いますが、コートがショート丈の時にはボトムスに装飾のあるものを持ってくることで、グッとオシャレ度が上がります。

 

今回は、カーゴパンツのサイドポケットが、オシャレポイントです。ジップの装飾のあるパンツでもいいですね。

 

グレーのコートとワインレッドのインナーだと、さっぱりした印象になりがちですが、パーカーを黒にすることで引き締め効果をプラスできます。

 

ボトムスの黒とパーカーの黒で適度に締め効果をもたらすことで、ワインレッドを取り入れたコーデも派手な印象にはなりません。

 

知的なイメージのワインレッドをコーデに取り入れた時の小ワザです!

 

 

 

辛口ファッションをきっちり着こなすコーデ

女子ウケする冬の大学生コーデ

ライダースのPコートを使ったコーデ
(参考URL:http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/mane/C4931

 

白のライダースのPコートは辛口ファッションです。

 

これが黒のレザーだと少し「キメッキメッすぎるかなぁ」と思いますが、これが白のデニム生地だと、大学生らしく着こなせます。

 

頑張ってコーデに取り入れている感は少ないのに、女子は「ちょっとクールでかっこいい〜」となるのではないでしょうか。

 

白のライダースが、辛めなので、カモフラ柄の柄パンでデザイン性を足すと、抜け感をコーデに与えてくれるので、話しかけやすい雰囲気です。

 

カモフラ柄の柄パンは、一見ガシャガシャしていそうなのですが、しっかり細身のシルエットになっているので、きれいなIラインコーデでクールな印象をキープすることができます。

 

白のライダースのインパクトが、コーデの中でも強いので、インナーは色味のある段染めのネイビーです。

 

ライダースにパーカーが付属されているので、ライダースをジップアップしてしまえば、インナーは見えません。

 

前OPENできた場合にはダーク色が見える方が、クールっぽさが強調することができます。

 

ライダースのPコートはスッキリした印象なので、冬のコーデとしてタイト過ぎるという方は、パーカーをつけて首元をボリューミーにしましょう。

 

逆に、スタイリッシュに、スマートなコーデを目指すなら、フードは外した方がいいですね。

 

さりげなくクールでめちゃめちゃかっこいというファッションは、女子にはたまらないですね。

 

 

 

強く、男気溢れるコーデ

女子ウケする冬の大学生コーデ

男気溢れるコーデ
(参考URL:http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=14479

 

女子は、自分にはない力強さを男性に求めるものです。

 

ビンのふたをいとも簡単に開けられたり、重い荷物をさりげなく持ってくれたりすると、それだけで女子の中では、「男気あふれる人」として一目置かれるのです。

 

ならば、こうしたことをファッションにも活かしてみましょう。男っぽいファッションは、男性からしても気軽にできるオシャレですよね。

 

男性が気軽に羽織れるアウターの代表といえば、ダウンジャケットです。

 

モコモコしたシルエットのものが多いですが、細身のシルエットのものを選べば、デート着としても着こなせます。

 

素材は、いろいろあるのですが、おススメは何といってもレザーです。レザーの風合いは、カジュアル感の強いダウンジャケットに大人っぽさを与えてくれます。

 

インナーは襟シャツやニットを合わせるのではなく、カットソー一枚をラフに着こなしましょう。

 

カットソーは一枚できてもかっこいいですが、ライトグレーや白のライト色のカットソーをインナーにチョイスした時に、「なんか物足りないなぁ」と思ったら、黒の締め色効果を使いましょう。

 

黒のロンTを重ね着すればいいのですが、丈感が分からなかったりと面倒に感じる男性も多いですよね。

 

そんな時は、あらかじめセットアップとして売られているものを買ったり、首元だけ二枚の生地が、縫い付けられているタイプを選択するといいですよ。

 

色の合わせ方も丈感もお店の人がやってくれているのでそのまま着れば、カッコいいレイヤードスタイルが出来上がります。

 

カットソーをラフに着ていても、きっちりデコルテラインは、見えるので、ダウンジャケットファッションも野暮ったくならずにスッキリした印象になります。

 

ボトムスは、デニムでもいいですが、ワイルド色のカーキもいいですね。

 

ダウンジャケットは、丈が短めなのでサイドポケットのあるカーフゴパンツを合わせるとデザイン性の豊かなコーデになります。

 

カーキとダウンジャケットのキャメルの色の組み合わせは、相性が良く、男の深みを演出してくれるのにピッタリです。

 

男の強さをコーデに滲みださせたファッションです。

 

キャンパスライフでは、屋内・屋外の2つの場面を気にしてコーデをすることが大事です。

 

冬は、特にコートを着るからインナーに気を配らない人もいますが、細部にまで気を抜かないコーデをすれば、周りの人から「かっこいいねぇ」と言われるようになります。

 

どんなトーンのコーデにするかを決めて、アイテムを決めていきましょう。

 

コートの丈感などに注意してボトムスを選べば、学校でも「いつも結構おしゃれだよね」なんて女子に言われちゃうかもしれませんよ。

 

 

おすすめのマネキン買い通販ランキング