アイテムも合わせるアイテムによって、様々な違う顔を出す

春の着回しMA-1コーデ

 

今春トレンドのMA-1は、気軽に羽織れるアウターです。

 

去年から続く人気で、ミリタリー色のカーキだけではなく、春仕様にニュアンスカラーのMA-1や柄物のMA-1、サテン生地のシャイニーなMA-1など、様々なバリエーションのMA-1が登場しています。

 

シンプルなMA-1は、買ってから、どのように着回せばいいのか迷ってしまう人もいるかと思います。

 

今回は、淡い色のMA-1と柄物のMA-1の着回し術を見てみましょう。

 

おススメMA-1 「シャーリング加工のMA-1」

春の着回しMA-1コーデ

⇒このMA-1の詳細はコチラ

 

光沢感のあるブルゾンは今春のトレンドアイテムです。

 

特に春にかけて淡い色のMA-1が多く登場しています。

 

淡い色のMA-1は、春っぽいのですが色味が薄い分、コーデに取り入れる時にのっぺりした印象になりがちです。

 

このMA-1は、縫い合わせ部分にシャーリング加工されているので、生地感もマットな印象にならずに羽織ることができます。

 

きれいな立体的なフォルムは、しっかりした印象になりますね、春に登場する淡い色のMA-1はどのように着回せば、かっこよく見えるコーデになるのでしょうか。

 

今回は、春によく目にする「グレー」で考えてみました。

 

着回し例@ トレンドの淡いMA-1は着たい!でも地味にならないかな

MA-1+赤のチェックシャツ+デニム

春の着回しMA-1コーデ

⇒このシャツの詳細はコチラ

春の着回しMA-1コーデ

⇒このデニムの詳細はコチラ

 

淡い色のMA-1は、爽やかな印象のアイテムですが、華やかな印象ではありません。

 

特に襟元や袖がリブなので、ラフな印象になりやすいですね。

 

このMA-1に活気をつけるならビビッドカラーの襟シャツを合わせましょう。

 

色味が強いので華やかな印象になります。

 

一見カジュアルルックになり過ぎたのでは?と感じられるこの組み合わせですが、MA-1にシャーリング加工がされていて、シワっぽさがシックな印象なので、ちょうどいい感じになります。

 

トップスがちょうどいい塩梅なので、ボトムスは活気溢れるデニムで決まりです。

 

シックなアイテムには柄物で色味をプラスしましょう。またMA-1がノーカラーアイテムなので、襟付きアイテムを合わせても、首回りはゴテゴテしません。

 

むしろ、首回りも華やかな色味がプラスされるので、襟付きアイテムはテッパンの組み合わせですね。

 

 

着回し例A MA-1でも爽やかさを出すには

MA-1+ネイビーの襟シャツ+ボーダーカットソー+白のスキニーパンツ

春の着回しMA-1コーデ

⇒このセットアップの詳細はコチラ

春の着回しMA-1コーデ

⇒このスキニーパンツの詳細はコチラ

 

淡い色のグレーは色味の強いアイテムと気合わせるとコーデにメリハリが生まれます。

 

白と黒のボーダーのカットソーにグレーのMA-1でもカッコいいですが、少し若い印象です。

 

大人っぽく仕上げるなら、ネイビーなどの強い色味の襟シャツを一枚足しましょう。

 

襟シャツは前OPENでMA-1に沿うように、少しだけ色味を足すだけで、効果抜群です。

 

MA-1は襟がないので、ネイビーの襟シャツが首元でアクセントになります。ラフな印象は軽減されますね。

 

トップスがマリンスタイルなので、白パンでマリンスタイルを決めてもいいですが、普段使いするなら、締め色の黒のチノパンでコーデを締めると、落ち着いた雰囲気のコーデになります。

 

 

着回し例B MA-1に大人っぽい印象の色味をプラスするなら

MA-1+黒のジャガードパーカー+白のカットソー+オリーブのカーゴパンツ

春の着回しMA-1コーデ

⇒このパーカーの詳細はコチラ

春の着回しMA-1コーデ

⇒この白カットソーの詳細はコチラ

春の着回しMA-1コーデ

⇒このカーゴパンツの詳細はコチラ

 

淡いグレーのMA-1に持ち前の白のカットソーを合わせようとしたら、ぼんやりした印象になってしまった。

 

そんな経験ありませんか。ライト色×ライト色は軽やかな印象なのですが、反面ぼやっとした印象になりやすいのが特徴です。

 

こんな時は黒やネイビーといった締め色でコーデにメリハリをつけましょう。

 

MA-1でこのように色味を足したいなら、パーカーがおススメです。

 

MA-1は襟がないので、フードを合わせやすいですね。また、縦のラインも強調されるので身長カバーにもなります。

 

パーカーが黒なので大人っぽい印象のコーデになります。

 

体型カバーもできて、MA-1に色味もプラスできるこのコーデは春にたくさん取り入れたいですね。

 

 

 

おススメMA-1 「カモ柄のMA-1」

春の着回しMA-1コーデ

⇒このMA-1の詳細はコチラ

 

シンプルな印象のMA-1ですが、着こなすのが心配という人におススメなのが、柄物のMA-1です。

 

柄が既に入っているのでデザイン性があるのでコーデがしやすいアイテムです。

 

柄はカモ柄、ヘリンボーン、グレンチェックなど様々ありますのでチェックしてみてください。

 

今回は、若い人に人気のカモ柄です。カモ柄と聞くと30代の人は、「カモ柄か…」と消極的なファッショナブルに着こなせます。

 

形はMA-1なので気軽に羽織れるという点はそのままです。

 

もちろんMA-1が柄物アイテムなので柄の印象が強すぎるアイテムとは合わせられません。コーデがうるさくなってしまいます。

 

こんなファッショナブルなMA-1はどのようにして着回せばいいのでしょうか。今回はネイビーのカモ柄で考えてみました。

 

着回し例@ ミリタリーファッションを少しライトな感じに着こなすには

カモ柄のMA-1+ランダムメッシュのニットソー

春の着回しMA-1コーデ

⇒このニットソーの詳細はコチラ

春の着回しMA-1コーデ

⇒このチノパンの詳細はコチラ

 

セクシーなエアリー感のあるランダムメッシュのカットソーはグレーのライト色が印象的な爽やかな印象のカットソーです。

 

これは男らしいミリタリー色満載のMA-1と合わせれば、男性のセクシーさの際立つコーデです。

 

カモ柄がワイルドな感じなのでセクシーさをちょうどよくしてくれます。

 

大人っぽい印象が強いトップスなので、そのままシックにカーキのチノパンと合わせました。

 

一見大人しくなりすぎなのでは?と心配になりますが、MA-1は前OPENできれば、ランダムメッシュのエアリー感の印象が強いので、軽やかなイメージのコーデです。

 

MA-1とカーキのボトムスでミリタリーな雰囲気を強調しつつインナーのグレーで柔らかい感じを演出して、抜け感を作りました。

 

トータルで見たら、このさじ加減が絶妙にオシャレに見えます。

 

 

着回し例A ミリタリーを爽やかに着るなら

カモ柄のMA-1+黒のランダムメッシュのカットソー+白パン

春の着回しMA-1コーデ

⇒このカットソーの詳細はコチラ

春の着回しMA-1コーデ

⇒この黒パンの詳細はコチラ

 

黒のインナーにネイビーのアウター…春コーデにふさわしくないようなダークな印象ですが、MA-1のカモ柄が活発な印象ですし、インナーのジャガードのカットソーもVネックなので、スッキリした印象のコーデです。

 

春コーデにする極めつけは「黒パン」です。トップスをぶれないダークカラーにすることで、黒パンのクールさが一層際立ちます。クールな爽やかさといった印象のコーデです。

 

黒パンを目立つこのコーデも、インナーのジャガードのカットソーだったり、MA-1が実はカモ柄だったりするとオシャレに抜かりなし!といった印象です。

 

MA-1も袖は単色なので、オラオラし過ぎた印象にはなりません。

 

MA-1がシンプル過ぎる…なんて思ってる人は柄物MA-1と黒パンでクールなコーデはいかがでしょう。

 

気軽に羽織れるファッションアイテムでオシャレができるなんて最高ではないでしょうか。

 

 

着回し例B ミリタリーで落ち着きを演出するには

カモ柄のMA-1+デニムシャツ+ベージュのチノパン

春の着回しMA-1コーデ

⇒このデニムシャツの詳細はコチラ

春の着回しMA-1コーデ

⇒このチノパンの詳細はコチラ

 

デニムシャツは、躍動感あふれるアイテムです。しかし、華美な印象ではないので幅広い年代層の人に着こなせるアイテムです。

 

これをワイルドな印象のカモ柄のMA-1と合わせると、ファッショナブルな男性の強さみなぎるコーデになります。男性にしかできません。

 

トップスが男気溢れる印象なので、ボトムスは、落ち着いた雰囲気のベージュのチノパンがいいですね。

 

ベージュは落ちついた雰囲気だけではなく、ライトな印象もあります。

 

デニムシャツとべージュのチノパンが爽やかな印象が強いので、ワイルドなMA-1も爽やかな印象の春コーデになります。

 

デニムシャツは前閉じできてもいいですし、もう少しコーデに軽さを出したい人は、デニムシャツの下に白のカットソーを着るといいですね。

 

 

アイテムも合わせるアイテムによって、様々な違う顔を出すことが分かりました。

 

春は爽やかな季節です。いろいろなアイテムと組み合わせて、その日の気分をコーデで表現するのも素敵ですね。