XL(LL)のメンズファッションは、ラフに男くさく着こなすべし!

メンズファッションメンズファッション

 

普段の洋服サイズがXLやLLという体の大きい男性は、お店が限られたり着たい洋服のサイズがなかったりして、楽なファッションになってしまいがちですよね^^

 

でも、そんなXLやLLサイズの大きめ男性もちょっとしたことでオシャレなメンズファッションのコーデを作ることができます(^^♪

 

では、XL(LL)のメンズファッションのポイントをどこに置けばオシャレなコーデになるのでしょうか?

 

私なりにXLやLLサイズのおすすめのメンズファッションのコーデやアイテムを紹介してみたいと思います!

 

  • トップス

 

 

体が大きいからといって、ダボダボしたロンTは逆に体の大きさを強調し、だらしない印象になってしまいます。

 

XL(LL)の男性には、襟つきのアイテムをおススメします。

 

襟のシャツでも無地のものは、膨張してしまうのでNGです。思い切って柄シャツをチョイスしましょう。体を小さく見せようと思って柄の小さいものにすると、体とのアンバランスばかりが、目立ってしまいます。

 

ですので、大きめの柄を選ぶべきです。体とあった柄の大きさをチョイスする方が、堂々としていて女子ウケはいいですよ(^^♪

 

暖かい季節は、ライトブルーなどの明るい色がいいですね。

 

柄選びのポイントは柄の中にダーク色を含んでいる物の方が、引き締め効果と季節感の両方を手に入れられますよ。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

襟シャツを前を閉じて着る場合、インナーに何を着ればいいのか悩む男性は多いですね。

 

襟シャツの下から白の丸首Tシャツがチラ見している男性は多いですが、これはNGです。白の丸首Tシャツは下着感が強いので、清楚感に欠けます。インナーが見えないように、Vネックシャツでがっつり隠しましょう。

 

シャツの前を閉じて着た方が、洋服の面積が狭まるので体を小さく見えることもありますが、堂々とインナーにカットソーを着て前オープンで襟シャツを着た方が男らしく見えます。

 

その際の注意点は、襟シャツが柄物の明るい色の場合、インナーにネイビーや黒のダーク色を持ってくると引き締め効果があります。

 

逆に襟シャツがダンガリーなどの無地のものの時は、インナーはボーダーなどの柄ものが良いのですが、横のラインが強調されるので縦編みの杢調カットソーが良いです。

 

両者とも無地ではありますが、縦編みのものだと立体感がありつつ、縦ラインが強調されるのでおススメです。

 

ダンガリーシャツはシワ加工されている物だとワイルド感が強調されますよ。

 

  • アウター

 

 

体格のがっしりした男性がMA-1を着るとかっこよくきまりますね。

 

またスタジャンも肩幅のある男性にはカッコいいアイテムです。

 

襟のないものでも、体格の良い男性には決まるのですが、もうワンランク上のオシャレを楽しむならマウンテンパーカーもおススメです。

 

メンズファッション
※↑の商品の販売サイトはコチラから

 

スウェットパーカーもこの時期に大活躍のアイテムですがスウェットパーカーにデートの待ち合わせに来られると、女子はがっかり感が否めません。

 

そんな時に、マウンテンパーカーがおススメです。

 

ミニタリーテイストが強いので、体の大きいメンズファッションには持ってこいのアイテムです。パーカーが首元のボリュームを出すので縦のラインが強調されて、着やせ効果もあります。

 

特におススメの色はカーキです。アウトドアなラフ感があって、体の大きい男性こそワイルドなオシャレを演出できます。

 

メンズファッション
※↑の商品の販売サイトはコチラから

 

また、もう少し寒くなると大活躍するのがニットです。

 

体格の良い男性はプルオーバー(かぶりもの)タイプではなく、カーディガンのような羽織りものタイプの方がおススメです。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

羽織りものタイプは、中央にボタン合わせがあるので体全面の面積部分にメリハリを与えます。

 

プルオーバータイプですと、お腹周りの同一色のニットの面積が大きくなり、どうしてもだぼっとした感じになります。

 

ボタンもニットの色とは違うテイストのものを選ぶことによりメリハリが生まれます。

 

例えばネイビーのニットカーディガンを選んだ時は木目調のボタンにするなど、ボタン自体のインパクトを強くしてあげることで面積の分割効果を高めてくれます。

 

ニットも、小さくみせようとハイゲージ(網目が細かい)の物をチョイスする必要はありません。どっしりとざっくりのケーブルニットでオシャレを楽しみましょう。

 

カーディガンの形はY字のカーディガンよりも、スタンドカーディガンの方が、男くささが出ていて素敵です。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

  • ボトムス

 

楽に履けるのはスウェットですが、いくら裾部分にリブがあるからといって体格のがっしりした男性が、スウェットのような緩い素材を選ぶと清楚感に欠けてしまいます。

 

そこでおススメなのは、カーゴパンツです。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

腰周りと太ももが緩いラインの作りのものが多いので楽に履けます。

 

また生地感がゆったりしているジョガーパンツもまたおしゃれアイテムです。

 

脚ががっしりした男性でも、動きがしやすく、スウェット素材よりも生地感がしっかりしているので、カジュアルなオシャレを楽しめます。

 

カーゴパンツもジョガーパンツもワイルドなテイストなので、体格のがっしりした男性にピッタリですね(^^♪

 

コートは、ダウンジャケットがおススメです。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

ダウンは、洋服の面積が大きいから体を余計に大きく見えない?と思うかもしれません。

 

しかし、ダウンジャケットは中綿に体を吸収する力(伸縮性)があるので体の大きい男性こそ、おススメのアイテムです。

 

ファーは、ワイルドさを損なうので外せるものがいいです。黒やキャメル、ブラウンのダーク色が引き締め効果があるのでおススメです。

 

 

 

スニーカーが楽でいいと思うのですが、ここは下方向にもボリュームを持ってくることで締まりがでます。

 

マウンテンブーツやウェスタン調でシックな雰囲気の強いウィングチップブーツなどを合わせる方が、オシャレ上級者です。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

これらのブーツは、ブーツ自体の革面積が大きく重厚感があるので、体の大きさを吸収してくれます。

 

ジョガーパンツはスニーカーのイメージが強いかもしれませんが、ブーツとの相性も抜群です。

 

もう少しカジュアルに履きこなしたいなら、スタンダードなスニーカーではなくハイカットスニーカーにすることで、下のボリュームはキープできます。

 

 

XL(LL)のメンズファッションのポイントは、体の大きいことを武器にすることです。

 

網目が細かいものを選んだりせずに、体が大きいからこそ似合うローゲージのものを選択しましょう。男くさくワイルドに着こなすのが最大のポイントです。

 

メンズファッション