ぽっこりお腹に悩む30代のメンズ必見!お腹を隠すコーデ

メンズファッション

 

「20代の頃は気にならなかったけれど、急にお腹周りがぽッこりしてきた!」

 

「20代の時のファッションアイテムを着たら、お腹が目立つようになってきた!」

 

そんな男性はいませんか?

 

とりあえず、お腹が隠れるファッションをして隠してみましょう。どんなコーデ例があるのでしょうか。

 

切り替えし効果をうまく使って、お腹周りを目立たなくさせましょう!

 

メンズファッション

 

春のライトアウターとして大活躍の襟シャツですが、色味が強いものをチョイスすればインパクトアイテムとして活用できます。

 

特にこのインパクトアイテムを腰に巻くことで切り替えし効果が生まれます。お腹を隠すという目的だけではなく、トップスとボトムスの間に襟シャツを巻けば、しぼり効果になり、着やせ効果が期待できます。

 

実は、トップスは長いよりも短い方が着やせ効果は高いのです。

 

トップスが短いとボトムスが見える割合が大きくなるので、脚長効果になります。

 

しかし、お腹周りが気になるのに、トップスを短くしてしまうと、お腹の肌や肌着が見えてしまい、だらしない印象になってしまいます。

 

こんな時には、この襟シャツ腰巻きテクを活用しましょう。トップスにある程度長さがあっても、襟シャツが効率的にトップスの長さを絞ってくれるのです。

 

これなら、お腹の肌が見えてしまう危険性がないので、清潔感のあるコーデに仕上がるのが嬉しいですね。

 

メンズファッション

ロング丈のコートは前開きできて、インナーの色味を絞りましょう!

 

メンズファッション

 

ロング丈のアイテムは積極的に活用したいですね。

 

ダーク色のロング丈ともなれば、面積も大きいので締め色効果はより大きくなります。

 

こうなると、男性は「スプリング丈のロングコートの前は開けるの閉じるの?」という疑問が湧いてきますね。

 

お腹を隠すというイメージから「前閉じ!「と答えてしまいそうですが、正解は前開きで着るのが正解です。

 

スプリングコートはマットな作りの物が多いので、前閉じできてしまうと窮屈な印象が強くなってしまいます。

 

こんな時はコートを前開きで着てライト色のインナーをちょい見せしましょう。

 

あくまでンナーのライト色をアウターのダーク色で絞るからこそ着やせ効果が生まれる、ということは念頭に置いてコーデをしていきましょう。

 

コートがロング丈でボリューミなので、これにワイドパンツやワークパンツを合わせてしまうと、だぼっとした印象になります。どうしても、ワイドパンツを合わせたい!という時には、リブ付きのクロップドタイプのジョガーパンツなどにして膝下の肌を見せましょう。

 

こうすることで、野暮ったさが軽減されます。フルレングスのパンツでは、スッキリ見えるストレートタイプやブーツカットタイプを合わせる方が、全体の印象をスッキリさせてくれます。

 

メンズファッション

カーディガンのセレクトでは、ボタンタイプのショールカラーがおススメ!

 

メンズファッション

 

気軽に羽織れるカーディガンは、春に大活躍のアイテムです。お腹周りを隠したいなら、カーディガンの選び方にも注意が必要です。

 

Y字カーディガンは、すっきりしたシルエットなので、ジャケットの下に着るインナーアイテムとしても大活躍ですが、生地が薄めで、シンプルな作りなので、体のラインがくっきり出やすいのです。

 

こんな時には、ショールカラーのカーディガンがおススメです。

 

ショールカラーは、ゆるっとしたラインの襟が特徴のカーディガンです。目線が上に行きやすくなるので、お腹周りが気になりません。

 

また、ジップタイプのカーディガンとボタンタイプのカーディガンがありますが、お腹周りを隠したいのなら、ボタンタイプのカーディガンがおススメです。

 

ボタンがある分、生地に体のラインが出にくいので体型をオシャレにカバーしてくれます。

 

ジップタイプは、最近では、Wジップ(カーディガンの裾方向からも開くタイプのジップ)のカーディガンが多く、きっちりジップを締めていても、裾方向が開いた作りのカーディガンが多くなっています。

 

これだと、お腹を強調しかねません。ボタンタイプでさりげなくお腹を隠すのが、オシャレでおススメです。

 

メンズファッション

インナーのチョイスに困ったら、襟シャツがおススメ!

 

メンズファッション

 

「アウターにテラードジャケットを着たいけれど、インナーは何にしよう?」と迷った時、少しでもお腹周りを隠したいなら襟シャツがおススメです。

 

Tシャツなどのカットソーよりも、襟シャツの方が着丈が数cmほど長く作られています。

 

また、前身頃の裾が曲線を描くようなシルエットになっているアイテムが多いので、お腹を生地がすっぽり隠してくれます。

 

たまに、オシャレにテラードジャケットを着こなしているけど、インナーがTシャツで、お腹から肌着が見えてしまっている男性ををたまに見かけます。これでは、せっかくのオシャレももったいないですね。

 

こんな時には、襟シャツでお腹をさりげなく隠しましょう。

 

「襟シャツにテラードジャケットではキザにならない?」

 

そんな時には、白の無地の襟シャツではなく、デニムシャツやデザインシャツを合わせましょう。

 

抜け感がプラスされてキザな印象にはなりません。

 

ハイセンスなOFFコーデといった印象です。差は数cmでも、インナーの二択で迷ったら襟シャツがおススメです。

 

メンズファッション

 

お腹がぽッこりしたら、「隠そう、隠そう」としてしまいがちですが、実は、インナーをダーク色のアウターで色味を絞ったり、肌を見せる方が着やせ効果が高いことが分かりました。これを参考に、隠すコーデからメリハリあるコーデにシフトしていきましょう。

 

そうすれば、お腹周りを隠せるコーデになりますよ。

 

メンズファッション 春