30代男子は大人な雰囲気と柔らかい素材を使いこなして若さと知的さの両方をアピールすべし!

メンズファッション

 

30代になると大半の男性は仕事も慣れてそれなりのポジションを任されたりして、経済的にもゆとりが出て来る頃ではあります。女性から見るとすごく素敵な年代だと思います(^^♪

 

そんな素敵な30代男性であるからこそ、メンズファッションのアイテムも学生時代と同じではやはり魅力も半減してしまいますよね^^;

 

女性の私から見て素敵な30代のメンズファッションのアイテムやコーデを書いてみたので参考になれば幸いです。

 

  • トップス

 

メンズファッション
※↑のアイテムの詳細はコチラから

 

20代の時には、ロンT一枚でコーデが完成していましたが、30代になるともうワンランク上のコーデが良いですね。

 

例えば、白のVネックのカットソー(無地)を既に持っている場合は、ジャガー織りのダーク色のカットソーを新たに購入して、レイヤードスタイル(重ね着)を作ると、ぐっとオシャレになります。

 

レイヤードスタイルは、一枚で着られるのが最大の強みです。

 

ジャガー織りは、シックな風合いなのでコーデを大人めにシフトしたい時には、おススメです。

 

もし、レイヤードスタイルを作る時に何のインナーに何を合わせればいいのか分からない時には、既にインナーごと縫い付けられているレイヤード風カットソーやインナーとカットソーが二枚組になったセットアップとしても売られていますので、参考にしてみてください。

 

メンズファッション
※↑のアイテムの詳細はコチラから

 

メンズファッション
※↑のアイテムの詳細はコチラから

 

コーデがどうしても苦手という人は、完成された一枚を持っておくと便利です。

 

ジャガー織りや杢調のカットソーは、一枚で大人な男性の印象になりますので、おススメのアイテムです。

 

  • ボトムス

 

柄パンは、稚拙なイメージになるので30代では難しいアイテムです。

 

ベージュや黒のチノパンは落ち着いた雰囲気なので一本は持っておきたいパンツです。

 

カジュアルなオシャレを楽しむには、デニムは鉄板アイテムです。少し大人なイメージにしたいのでしっかりした生地感のものにしたいですね。

 

生地感の薄いスキニーでは、チープな印象になります。

 

ラインに合ったデニムを履きこなしていると自分の個性をしっかり持てている男性だと感じます。

 

ペイント加工のデニムのコーデが難しくなってくるので、ポケットやステッチ、リペットで個性を出すのが30代のコーデです。またデザインを楽しむならカーゴパンツもおススメです。

 

メンズファッション
※↑のアイテムの詳細はコチラから

 

サイドにポケットがあるので、太もも周りが太い方の体型カバーアイテムです。色はベージュやカーキがいいですね。

 

カーキのボトムスは白や黒、ブラウンとの相性もいいので、30代男性には合わせやすい色ばかりです。

 

インナーに白×アウターにキャメル×ボトムスにカーキで一つの大人配色のコーデになります。

 

黒の革のトートバッグをもってさし色効果を狙ってもいいですね。

 

  • アウター

 

30代になって一押しアイテムは、Y字のカーディガンです。

 

シンプルな形ですが、シンプルな中にも落ち着いた雰囲気があり、知的なイメージです。

 

20代とは違う趣があります。色はグレー、ネイビーがシックです。

 

また、寒くなった時期にはケーブル編みのカーディガンもいいですね。

 

メンズファッション
※↑のアイテムの詳細はコチラから

 

ケーブル編みのカーディガンは、生地が厚いので、安っぽさがなくアウターとしてもかっこいいです。

 

ドライブデートの時にもジャケットよりも動きやすく、頑張り過ぎていない感じが素敵です。

 

ケーブル編みのカーディガンはシンプル過ぎるのでは?という方には「ボタン選び」に注目すると面白いコーデになります。

 

例えば、ベージュのチノパンをボトムスに選んだ場合は、カーディガンのボタンを木目調にすることで全体に統一感のあるコーデになります。

 

また、かっちりしたシチュエーションでアウターにジャケットを選んだ場合も、インナーアイテムとしてカーディガンを一つ持っていると重宝します。

 

ジャケットを前開きにすると、いくらオシャレでも少し寒いですよね。

 

そんな時には、カットソーの上にカーディガンを着て、カーディガンのボタンを締めれば、アウターのジャケットを前開きにしても寒さは多少しのげますし、カーディガンがさし色効果も発揮するので一石二鳥です。

 

デートで屋内に入った時に、かっちりしたGジャンを脱いだら柔らかい素材のカーディガンが羽織っていた。

 

そんなギャップあるシチュエーションに女子はクラクラしちゃいます^^

 

コートの選択では、30代に入りダッフルは少し厳しいですが、革やスウェードといった大人っぽい素材が似合うようになります。

 

ダウンジャケットは王道のアイテムですが、普段黒をチョイスする人もキャメルやブラウンは、どうでしょう。

 

30代の若さと知的さを演出するにはピッタリの色です。

 

フードに稚拙なイメージを持つ人におススメなのはP-コートです。

 

見た目はシンプルですがラインはバックベルトにすることで絞りがあり、細身のきれいなシルエットです。

 

P-コート自体は無地なものが多いので首元に原色の入った柄の存在感のあるマフラーをしてさし色にして個性を出してもいいですね。

 

メンズファッション
※↑のアイテムの詳細はコチラから

 

また襟の部分に留め具が付いているスタイルもおしゃれです。

 

メンズファッション
※↑のアイテムの詳細はコチラから

 

スウェード素材のP-コートも襟をスタンドフォームにしやすく、落ち着いた雰囲気なので、通勤にもカジュアルにも着れる万能アイテムです。

 

30代は、知的な落ち着いた雰囲気とさりげない小物使いで若さをアピールすると、全体のコーデとしては落ち着きます。

 

メンズファッション

 

メンズファッション通販サイトランキング