50代の秋冬メンズファッションは黒を巧みに使って、大人の妖艶さを演出すべし!

50代の男性におススメの秋冬メンズファッション

 

50代になると、オシャレなアイテムより楽なアイテムになっていませんか?

 

女性は年をとってもきれいに着飾ってほしいという男性の願い同様、女性も男性には、魅力的なファッションをしていくつになっても胸をキュンキュンしたいものです^^

 

「着なれた楽な服」から、男性の色気を感じさせる服に変化したら、周りの女性達のの目が変わると思いますよ。

 

では、私なりに素敵だなと思う50代のメンズファッションの秋冬コーディネートを紹介させて頂きたいと思います。

 

まずは黒を使ったマネキン買いコーデを2つご紹介します。

 

>>50代の【春夏メンズファッションコーデ】はこちら>>

 

【黒コート・ニットパーカー・デニム】

マネキン買い(全身コーデ)通販の注意点
※↑の商品の詳細はコチラから

 

50代の冬のコートは、上質に見えるものを選んでほしいですね。年齢に合った質の良いものを選ぶことで、女性から紳士的な印象を与えることが出来るからです。

 

黒コートの選び方としては、目の詰まった「メルトン地」や「圧縮ウール」などの厚みがあってやや硬い素材がおすすめ。シルエットがきれい出てスタイル良く見えます。
最初は硬くても着ていくと馴染むので、味が出るまで着込んで見て下さい。

 

このマネキン買いコーデではトップスを黒、ボトムスをブルーにしてメリハリを出しています。
デニムは、お手持ちのものでも良いですが、この全身コーデのようにヴィンテージ風のパンツだとよりオシャレ感を出すことが出来ますね。

【ライダースコート・白ニット・黒パン】

マネキン買い(全身コーデ)通販の注意点
※↑の商品の詳細はコチラから

 

こちらの全身コーデは、黒のライダースジャケットがおしゃれで目を引きます。
ライダースジャケットは、テーラードジャケットやダッフルコートなどとは全く異なり、なんだかワイルドさやオトコの色気が出ますね。

 

ライダースジャケットは、衿がシャープでファスナーも多様に使っているので、スマートな印象さえ与えます。
デートや同窓会など、女性にアピールしたいときには効果的なマネキンコーデだと思います。

 

ここではトップスに重点を置いている全身コーデですので、トップスを「黒×白」の対照的な色の組み合わせにすることでライダースコートを主役に目立たせています。

 

50代におススメの秋冬【インナー】

50代の方の秋のコーデでよく見かけるのは、長袖のポロシャツですね。

 

白のポロシャツ一枚だと、ぼやっとした印象になります。ポロシャツはボトムスにインしないのでトップスの丈としても長くなり全体のバランスが悪くなります。

 

同じくボトムスにインしないアイテムですが、赤などの印象の強い柄シャツは、ダラットした印象になりません。

 

50代におススメの秋冬メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

赤のチェックの柄シャツ一見派手に思われるかもしれませんが、インナーに白や黒のカットソーを着れば、派手さはなくなりお尻も隠れるオシャレアイテムです。

 

もしインナーを着ないで、柄シャツを一枚できる場合は柄シャツの上から黒のダウンベストを着て、赤い柄の面積を絞りましょう。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

袖部分の柄だけでも十分オシャレなインパクトは残ります。

 

ダウンベストはカジュアルなアイテムですが、その光沢感から着る人の品位を高めてくれます。50代のメンズファッションにはオススメのアイテムです。

 

襟つきシャツはどうも面倒だという方は、グラーデーションのカットソーは、プルオーバータイプながら、一枚でビシッと決まるアイテムです。

 

ボーダーは少し若過ぎるとおっしゃる方でも、グラーfデーションならシックな雰囲気になるので着やすいです。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

グラデーションの中に黒が含まれていると落ち着いた雰囲気になり、一枚で50代のメンズファッションを完成させてくれます。

 

少し寒くなってきたら、首つまりトップスも落ち着いた雰囲気があって50代の大人な色気を強調してくれます。

 

上司のようなかっちりした立場の方がOFFの日に黒のタートルなどを着ていると、顎のシャープなラインが際立ちとてもセクシーです。

 

ただし黒のタートルネックは、一枚で着ると窮屈感が否めません。

 

ストライプのショールやマフラーをボウタイ巻きするとオシャレ度が一気に増し、気品あるOFFコーデになります。

 

メンズファッション

 

また襟シャツ×プルオーバーのニットも50代のメンズファッションではテッパンのコーデですが、無地×無地は老けた印象になります。

 

上に被るニットをアイル柄やアーガイル柄にすることで躍動感が生まれコーデを華やかにしてくれます。

 

柄物のニットの場合は、ニット自体に存在感があるので、襟シャツでなくても無地のロンTでもいいですね。無地のロンTと柄ニットで、親しみやすいコーデに仕上がります。

 

50代におススメの秋冬【ボトムス】

パンツの色は黒、キャメル、ブラウン、グレーのダーク色が、落ち着いた雰囲気になります。綿素材のチノパンがコーデしやすいパンツです。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

また綿素材の他にもコーデュロイなどの起毛素材のものを履きこなしてもかっこいいですね。

 

若者には出せない趣が演出できます。デニムも紺に近い濃い目の物でしたらカジュアルダウンして、かっこいいです。

 

普段スーツのイメージの方がデニムをうまく履きこなしているとギャップがあって、グッときます。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

ダウンジャケットとの相性も良いですね。

 

ダウンジャケットの丈感が短いので、デニムの印象が強くなりますのでデニムは、ピタッとしたスキニーよりも、生地感の分厚いストレートタイプがおススメです。

 

ひざ下にゆとりのあるラインの方が、大人のゆとり感を感じられていいですね。

 

50代におススメの秋冬【アウター】

50代の方がきっちりした場所に出かける時には、テラードジャケットが良いですね。

 

50代におススメの秋冬メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

ビジネスでは絶対選ばない起毛素材のテラードジャケットがおススメです。

 

インナーアイテムに黒のタートルネックなど持ってくると、少しだけカジュアルダウンできます。

 

初対面の方などに話しかけやすい雰囲気を与えます。

 

ここで先ほどご紹介した黒のマット感を立体的にする工夫を同様にするとかっこいいですよ。

 

黒のタートルネックとテラードジャケットの間にストライプなどの柄物のマフラーを今度はジャケットの縦ラインに沿うように入れてください。

 

これによりマットになりがちなジャケットコーデに立体感を与えます。

 

コートを着ないでテラードジャケットに直接マフラーというのは、オシャレ上級者です。カジュアルな場では、もう少し遊び心があってもいいですね。

 

カットジャケットは、首元にボリュームが合って大人カジュアルです。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

リブも適度にあるのでダラットした感じがしないのが良いですね。

 

体型が気になる方はP-コートなど体のラインがきっちり出るアウターは避けましょう。ダウンジャケットが良いですね。

 

ビジネスイメージの強い50代に方は、ロングコートのイメージが強いのでダウンジャケットなどのはハーフ丈にチェンジするだけでも、イメージはガラッと変わります。

 

ラフにカジュアル楽しんでます、くらいの余裕な感じが大人っぽくて素敵です。

 

 

50代のメンズファッションは、年齢の重厚感と躍動感の間で難しいコーデです。

 

しかし躍動感ある小物をうまく使ったり、逆にカジュアルアイテムを大人アイテムで重ねたりすることで両者を取り入れた50代のメンズファッションをおしゃれなコーデにすることができます。

 

メンズファッション

50代の男性におススメのメンズファッション雑誌2選

50代向けのメンズファッション雑誌は数種類しかありません。

 

またそのどれもがハイブランドを取り扱っていて、普段使いの参考にはならず現実的ではないものがほとんどなんです。

 

今回紹介するのは、50代のリアルクローズになる2種類をピックアップしています。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

GG(ジジ)〜これを読めばオシャレなカジュアルマスターに!〜

50代の男性におススメのメンズファッション雑誌
※↑楽天で購入する

 

GG(ジジ)は、50−60代のカジュアルメンズファッション雑誌になります。

 

年齢的にもラグジュアリーブランドが多く登場しますが、コーディネート自体はシンプルなものが多く普段着の参考にぴったりです。

 

アッパー世代でもオシャレで若々しいカジュアルコーデが登場するので、個人的に50代に一番おすすめしたい雑誌です。

 

LEON(レオン)〜50代の女子モテバイブルならコレ!〜

50代の男性におススメのメンズファッション雑誌
※↑楽天で購入する

 

「ちょいわるオヤジ」の生みの親とも言える、少しワイルド系なメンズファッション雑誌になります。

 

モデルさんも外国人を起用し、色気もある大人の男性のコーディネートがメインの印象です。

 

父親というよりも、独身男性のカッコいいイメージなので、女子モテしたい方には特におすすめの1冊です。

 

 

50代におすすめのマネキン買い通販サイトランキング

 

50代のメンズファッションに欠かせない秋冬おすすめジャケット特集

50代の秋冬メンズファッションコーデでは「ジャケット」使いをおすすめします。

 

毎日どんな服装にしようか迷っている方には、ジャケットコーデから始めてみてはいかがでしょうか(*^^*)

 

50代男性でも若々しい印象の濃いインディゴブルーのGジャン

50代男性におすすめの秋冬ジャケット
※↑の商品の詳細はコチラから

 

50代の男性でもGジャンを着こなせるようになりたい、オシャレな50代でいたいと思う方に何通りかおすすめのコーディネートを紹介します。

 

どんな体系の方でもオシャレに見えるのは濃い色のGジャンとベージュのチノパンや黒のパンツなどがよいでしょう。

 

Gジャンの中には何を着たらよいか悩む方も多いと思いますが、メンズファッション初心者でしたら無地の白のロンTかボーダー柄のロンTを合わせるのが無難でしょう。

 

だいたいこれでどんな体系の方でも似合う感じになります。

 

またオシャレに見せるために、オーバーサイズの物を選ぶ際にはだらしなく見えないように注意しましょう。

 

着用する時期にもよりますが、春先なら明るい色の帽子を合わせてみるのもよいでしょう。

 

春先なら靴はスニーカーでもよいでしょう。秋口ならシックな色味の帽子に革靴やスエードの靴を合わせてみるとオシャレに見えます。

 

人それぞれ好きな色や、形があると思うので好みに合ったものでオシャレに見えるようなコーディネートをしてください。

 

アラフィフ世代にぴったりのベロアのテーラードジャケット

50代男性におすすめの秋冬ジャケット
※↑の商品の詳細はコチラから

 

メンズファッションでベロアのテーラードジャケットというアイテムがあります。

 

50代でも似合うオシャレなコーディネートにするポイントは、まず中に着るものに関してはシンプルにすることです。できれば全体の色を3つに抑えるとまとまりが出せるのです。

 

例えば薄緑や焦げ茶といった色のパンツに白の肌着を使った場合、黒のテーラードジャケットでも重たくなり過ぎません。

 

もっと若々しくしたいなら、カーゴパンツにしてみるという方法もあります。紺色のテーラードジャケットを選ぶなら、下に履くものはベージュ色にしておくと相性が良いです。

 

さらに靴も同じ色に揃えておくと、上手にまとまる場合が多いです。

 

ただ、シンプルになり過ぎると感じることも少なくありません。そんな時は同じものでも、袖に模様などがあるとアクセントになります。

 

他にも上着以外はすべて青や黒といった同色にしておくことで、50代の男性らしい落ち着いた雰囲気を演出できます。

 

デキる50代男性はUNIQLOのウルトラライトダウンジャケットが定番

ユニクロのウルトラライトダウンは薄くて軽く、通気性もよくとても暖かいです。

 

50代のメンズファッションはなかなかコーディネートが難しく、なかなかオシャレに着こなすことが出来ないと思われがちです。

 

ユニクロのダウンジャケットは色は8色、サイズはXSから4XLまであり、丈もロングとショートがあります。ジャケットやコートの他にベストもあり、薄いのでパーカーにVネックのコンパクトダウンベストを重ねたり、ベストの上にGジャンを重ね着するなど、コーディネートが豊富にできます。

 

コートの中にベストやジャケットを重ね着したり、コートとしても着たりと、インナーとしても、アウターとしても着ることができます。とても小さくなるので、ポケッタブルケースに入り持ち歩きも楽です。

 

色もサイズも豊富なので、Gパンのようなカジュアルな服装にも、スーツなどのビジネススタイルにも似合う1枚が見つけやすいです。薄くて、軽いのでスポーツをする時も動きやすいです。

 

メンズスタイルビズ

 

メンズファッション通販サイトランキング