メンズファッションでダサいと思われるコーデとは?

メンズファッション

 

こんにちは、ブログ管理人のミキです^^

 

ファッションをする上で一番言われたくない言葉は「ダサい!」ですよね〜(´;ω;`)

 

自分ではオシャレに着こなしているつもりでも実は周りから見ると「ダサいなぁ」と思われていることがあるかもしれません。

 

面と向かって指摘されないことですので、ここで確認しておきましょう。

 

メンズファッションでダサい!と思われてしまうのはどのようなものなのでしょうか?私なりに考えてみたので女子の声として参考にしてくださいね^^

 

ハーフパンツに靴下

 

メンズファッション

 

夏のコーデで定番のハーフパンツですが、毎年見かけるのがハーフパンツにクルーソックスを履く男性です。

 

ハーフパンツのコーデの時には、この靴下の丈では長過ぎます。ハーフパンツにローカットの靴のときには、フットカバーか生足で履きましょう。とにかく靴からはみ出さないようにすることが大切です。

 

ローカットの靴は、革靴だけではありません。スリッポン、デッキシューズ、ローカットのキャンパスシューズも同じくフットカバーか生足にしましょう。

 

特に革素材のローカットを履く場合は、なるべくフットカバーが見えないようにするのがポイントです。もし見えてしまった時のことを考えてダーク色(黒やグレー)のフットカバーが安心です。

 

緑や黄色の原色が見えてしまうと、アンバランスになるので注意しましょう。

 

ハイカットのスニーカーを履く場合は、アンクルソックスにしましょう。ハイカットの場合は、「タン」(靴のベロのような所、ロゴがあることが多い)よりも靴下が上に来ないように履くのが目安です。

サンダルに靴下

 

メンズファッション

 

夏に大活躍のサンダルですが、こちらも毎年見かけるのがサンダルに靴下です。

 

この組み合わせはNGです。サンダルは生足で履きましょう。

 

ちなみにサンダルに靴下は、レディスで少し流行りましたが、女子の間でも反対意見が多く出た組み合わせでした。

 

トップスとボトムスにINのスタイル

 

メンズファッション

 

ポロシャツをパンツ(ボトムス)にINスタイルはダサいです。ポロシャツに限らずトップスをボトムスにINするコーデは、やはりNGです。

 

お腹を冷やさないようにしたスタイルかもしれませんが、お腹を守るのなら、ポロシャツの下にタンクトップを着てそちらをパンツにINしましょう。

 

そうすればポロシャツの裾はパンツの上に出ますね。Tシャツをインナーにして襟シャツをアウターにした時でも、インナーのTシャツをINすると、襟シャツから透けて見えてしまいます。透けて見えてはやはりNGです。

 

スカスカ感が気になるなら、インナーの下に目立たない色のタンクトップのような下着を着て、そのアイテムをINしましょう。

ボトムスだけモコモコ

 

メンズファッション

 

トップスはポロシャツという薄い生地なのに、ボトムスだけ裏ボアのワークパンツでは、やはりアンバランスです。

 

モコモコのワークパンツ自体は温かそうで悪くないのですが、問題はバランスです。

 

トップスにダウンジャケットを着るだけで、トップスとアウターがモコモコになりなり、コーデとしては成り立ちます。

 

雨の日や雪の日にたまに見かけるこのスタイル。足元が悪いのでそれを防ごうとしているのかもしれませんが、トップスも同じラインになるようにしましょう。

タンクトップ一枚

 

メンズファッション

 

夏の暑い時にタンクトップ一枚で出かけたいのは分かります。

 

ただ、これで電車に乗った場合、横に座っている女性は少し引いているかもしれません。

 

肌の露出も多いですし、発汗でのニオイも気になります。電車に乗る時は、短くてもいいので袖のあるアイテムにする方が清楚感がありますね。

 

脇の下に袖があれば吸汗効果もだいぶ上がります。タンク一枚は、ビーチではアリですが、電車に乗る時は、羽織りものがあった方がマナーとしてもスマートですね。

 

この中に当てはまる項目があれば、見直した方が良いかもしれませんね。

 

コーデは学校では習わない分、自分の見解が正しいのかどうか良く分からないこともあります。

 

自分のコーデが「かっこいい」と言われる方がうれしいですよね。

 

メンズファッションでの、ダサいなぁというコーデをご紹介しました。

 

丈感の合わせ方などを参考にして、周りから「かっこいい〜」と言われるファッションにしていきたいですね。

 

メンズファッション通販サイトランキング