コーディネートは、パズルを組み合わせるようなもの

センスのあるメンズファッション

 

こんにちは!ブログ管理人のミキです♪

 

巷には、オシャレな男性とファッションセンスがない男性がいらっしゃいます。

 

コーディネートは、パズルを組み合わせるようなもの。

 

ちょっとしたポイントがずれているだけでもファッションセンスのない人になってしまいます。

 

どのような点に注意すれば、ファッションセンスのいい人になれるのでしょうか。

 

今回は、春・夏・秋・冬に分けて考えてみました。

 

センスのある春コーデとは?

春コーデのポイントは、服の減量化!

 

春は暖かい季節です。

 

冬に着こんでいたアイテムを一枚一枚脱ぎすてるように、コーデを軽くしていきましょう。

 

もちろん、ただ脱ぐだけではなく、色も軽やかなライト色をたくさん使いましょう。

 

春におススメの色はライトグリーン、白、ライトブルーです。

 

暖かくなってきたので、アウターの生地も薄くなります。

 

インナーの生地感が分厚いとごわごわした印象になってしまいます。

 

これでは、春の軽やかな印象になりません。

 

生地は薄くして、首元もスッキリ出すのが春コーデの鉄則です。

いつまでも冬のニットを着ていてはNG

春暖かくなったのに、ニットをいつまでも着るのはファッションセンスがありません!

 

季節が暖かくなってきているのに、ニット素材をいつまでも着ていると「ファッションセンスのない人」です。

 

少し肌寒い時には、パーカーやジャケットを羽織るようにしましょう。

 

パーカーも前閉じで着てしまうと野暮ったくなるので、前OPENで着るとコーデに軽さが増します。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

2色以上の色を使うと春らしく明るく変身!

春の単色使いばかりのコーデはファッションセンスがありません!

 

春のコーデは、確かに単色使いの物が多いですよね。

 

爽やかさと地味は紙一重です。

 

アウターとして羽織るシャツをデニムにしたり、チェックシャツにすると、コーデが華やかになります。

 

また、さし色になりやすい青やブラウンといった色の入っているバッグを持つだけで、オシャレ度がぐっと上がりますよ。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

 

センスのある夏コーデとは?

オシャレ度をアップさせるカギは「爽やかさ」の演出を忘れないこと!

 

夏のコーデを成功させるカギは「爽やかさ」をアピールすることです。

 

爽やかな印象の色の青や白を基調としたコーデしてみると高感度アップです!

 

この色を元にコーデを組み立てていきましょう。

 

襟シャツをネイビーにしてボトムスを白にし、両方とも無地の場合は、襟シャツの中のインナーをボーダーにするなど、柄物を一つコーデに入れましょう。

 

夏のコーデで柄物を入れる割合は、全身の中に1アイテムで十分です。ロゴTなども柄物扱いです。

 

インナーのTシャツを無地にした場合は、その上に羽織る襟シャツをチェックやボタニカル柄にするとコーデにメリハリが出て、オシャレ度アップします。

 

洋服のコーデが単色のものばかりで寂しい時には靴をレザーにすることでコーデに締まりが出ます。

 

ローカットのデッキシューズなら季節感を損なうことなく、深みを与えられます。

 

トップスは、Tシャツのような襟なしシャツを一枚できてもいいですし、少しオシャレに着こなすなら、この上に襟シャツを羽織れば
きっちり感した印象になります。

 

この時に襟シャツの袖からインナーのTシャツが見えるのは絶対にNGです。

 

丈感に注意するか、インナーを短い袖のアイテムにしましょう。

 

夏は足元のコーディネートに要注意

スリッポンなどのローカットシューズを履いているのにクルーソックスはファッションセンスがありません!

 

夏のシューズは、デッキシューズやスリッポンなどローカットのものが多いです。

 

このような時にはアンクル丈の靴下か生足で履きましょう。

 

アンクル丈の靴下だと、靴から靴下が見えるか見えないかくらいになります。

 

生足でも良いくらいなのですが、臭いが気になるなったり吸汗効果を考えて、靴下を穿くのであれば、靴からはみ出すかはみ出さないくらいの丈がおススメです。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

 

 

長い丈より短め丈パンツをチョイス

夏なのに、長い丈のパンツは、暑苦しいイメージになります!

 

パンツの長さは、好みがあるので、夏の長丈パンツは絶対にNG!とまでは言いませんが、季節感をより取り入れるなら、くるぶしだけでも出すと、雰囲気が軽くなります。

 

お持ちのパンツを2〜3回ロールアップするか、アンクル丈のパンツを選択しましょう。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

 

 

センスのある秋コーデとは?

おしゃれ度をアップさせるカギは、季節感を意識すること!

 

秋の季節感を取り入れるためには、色を意識してみましょう。

 

秋は「アースカラー」といって地球にまつわる色をコーデに取り入れると秋らしさが増します。

 

アースカラーとは、ネイビー、カーキ、ブラウン(もしくはキャメル)です。

 

全身をアースカラーで埋める必要はありません。コーデの中に一つだけアースカラーを取り入れるだけでも効果は抜群です。

 

また、生地感も同じです。スウェードやレザーは秋らしいイメージが強いです。

 

洋服で取り入れるのが難しいようなら靴やカバンでスウェードやレザーアイテムを一つ持っておくと便利ですね。

 

秋コーデの基本形は、襟シャツ+ジャケット+長丈パンツですが、寒いようなら、パーカーがおススメです。

 

痩せている人や身長が低い人がジャケットを着た時に肩幅のあたりが寂しいなんて時にも、首元にパーカーでボリュームを足すと、縦ラインにボリュームがプラスされて体型カバーにもなります。

 

秋は薄めのジャケットが多いので、ボタンタイプのパーカーよりもジップタイプのパーカーの方がスッキリきられてファッションセンスが高い人になれます。

 

秋はアイテムごとのボリュームに気を付けよう

寒いからと言って、ジャケットの下をモコモコにするのは、ファッションセンスがありません!

 

秋のジャケットの定番のテラードジャケット、Gジャン、ミリタリージャケットは、基本的に生地が薄いです。

 

インナーをモコモコにしてしまうと、アウターまで着膨れしてしまって、野暮ったい印象になってしまいます。

 

スマートに防寒するならパーカーがおススメです。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

 

秋のジャケットコーデの鉄則とは

キレイ目ジャケットのインナーがはみ出るのは、ファッションセンスがありません!

 

秋の定番ジャケットのテラードジャケットは、着丈が短いのが特徴です。

 

巷で見かける「後ろ姿がNG」なファッションは、インナーがテラードジャケットからチラ見している男性です。

 

もちろんMA-1などの着丈の短いジャケットで、インナーをわざと出して着るファッションもありますが、テラードジャケットからビミョーにインナーがはみ出していると、ファッションでわざと出しているのか、はみ出てしまっているのか分からなくなってしまいます。

 

下手をするとだらしのない印象になってしまいます。

 

テラードジャケットを羽織る時にはインナーが、はみ出さない方がクールな着こなしに見えます。

 

テラードジャケットを買う場合は、持ち前のインナーアイテムを着て行き、試着して、はみ出さないことを確認しましょう。

 

インターネットでの購入の場合は、「着丈」が載っているので、それを確認しましょう。

 

例えば、参考画像のように、ニットソーをインナーとして合わせた場合、ニットソーのインナーの黒のロンTはパンツにINするので寸法は関係ありません。

 

グレーのニットソーの着丈はMサイズで65cmです。

 

テラードジャケットの着丈は66cmなのでインナーからはみ出す心配はありません。

 

ファッションセンスを上げるには、着丈に十分注意する必要があります。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

テラードジャケットの小ワザ

裾からインナーが見えるのは、ファッションセンスがないのですが、袖からインナーが見えるのはアリです!

 

テラードジャケットの下にチェックの襟シャツを着てテラードジャケットの袖からチェックシャツのカフス部分をはみ出すように着ると、コーデにデザイン性がプラスされファッションセンスの良い人になります。

 

 

センスのある冬コーデとは?

ダーク色ばかりでファッションセンスを発揮するのが難しい!

 

ダーク色ばかりのコーデの時には、小物でビビッドカラーを取り入れましょう。

 

おススメは、マフラーとカバンにビビッドカラーをとりいれるといいですよ。

 

鮮やかな青をコーデに取り入れましょう。グレーのコートにも相性がいいですよ。

 

青のマフラーに青のカバンにすると、色の統一感もでてコーデにメリハリを与えてくれ、ファッションセンスが高い人なイメージです。

 

何でもダウンジャケットをコーデしてはNG

楽に着られるからといってラフ過ぎるダウンジャケットコーデはファッションセンスがありません!

 

ポリエステルのダウンジャケットにスウェットのパンツだとラフ過ぎるかもしれませんね。

 

外着として着るのにダウンジャケットをレザーにしたり、ダウンジャケットを前OPENにして襟シャツ+ニットを見えるようにしたらどうでしょう。

 

また、ボトムスも黒のチノパンは、かっちり感が強いので、ダウンジャケットのラフな感じを和らげてくれます。

 

これなら、立派な外着です。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

この色だとセンスを上げることが出来る

 

ビビッドカラーを多く使ったコーデはファッションセンスがありません!

 

冬のダークカラーのファッションを華やかにしようとビビッドカラーをコーデにとりいれるのは、とてもいいことです。

 

でもコーデの中にたくさんビビッドカラーを取り入れると、目がチカチカしそうなうるさいイメージになってしまいます。

 

これではファッションセンスがない人に思われてしまいます。

 

ビビッドカラーを取り入れる目安は全コーデ中1アイテムで十分です。

 

このさじ加減で、グッとファッションセンスのいい人になります。少なすぎるイメージかもしれませんが、ビビッドカラーは、色味が強いので1アイテムでも十分です。

 

ビビッドカラーを1つ取り入れたら相性のいいマット色と組み合わせて、コーデを完成させましょう。

 

例えば、ビビッドカラーの赤はブラウンと相性がいいです。

 

赤のニットはブラウンのチェスターコートを合わせれば知的な印象のオシャレになります。

 

ビビッドカラーのロイヤルブルーはグレーや白と相性がいいので、ロイヤルブルーのコートに白のカットソーを合わせれば、
活発な印象のオシャレファッションになります。

 

センスのあるメンズファッション

※↑のコーデの詳細はコチラから

 

ファッションセンスとは、着丈や色の合わせ方などで評価が二分されることが分かりました。

 

いろいろ書きましたが、面倒くさいという人には、通販のマネキン買いをおススメします。

 

着丈のバランスも色のバランスもプロの方が組み合わせているのでファッションセンスはいうまでもありません。

 

まずは、マネキン買いでこのようなことを、自分で着て確かめてみましょう。

 

そうしていくうちに、自分の個性を次第にコーデに表せるようになります。

 

ファッションサイトもいろいろありますが、マネキン買いもできるサイトでおススメなのが、「MENS-STYLE」です。

 

このサイトのいいところは、マネキン買いで買った商品個々の情報も豊富に載っているところです。

 

例えば、マネキン買いでカーディガンを買ったとして、このカーディガンのマネキン買い以外のコーデをしたいけど、どう着回していいのか分からないという時には、そのアイテムのページに「このアイテム着用のコーディネートを見る」というボタンをクリックすると他のコーデも見ることができます。

 

こうすれば、段々ファッションセンスのいい着回し術を身に付き始めるのでおススメです。

 

「百聞は意見にしかず」です。まずは、センスのいいものを着てみること、これがファッションセンスを上げる近道です。

 

 

センスのあるメンズファッション

 

メンズファッション通販サイトランキング