メンズファッションで女子ウケするアイテムをコーデする時には、ラインに最大限注意すべし!

メンズファッション

 

メンズファッションをコーデする際に気になるのは、結局のところはそのコーデが女子ウケするか否かですよね^^

 

しかし、流行のアイテム=女子ウケするファッションではありません。

 

どんなことに気をつければ女子から好まれるファッションになるのでしょうか?

 

ということで、今回は私なりに女子ウケするメンズファッションコーデを考えてみたので参考にしてみてくださいね(^^♪

 

  • 女子ウケするトップス

 

メンズファッション

⇒この商品の詳細はコチラ

 

定番中の定番のアイテムは、襟つきシャツです。大人っぽい印象が嫌いな女性はいません。

 

襟シャツでオールシーズン着られる色は白と黒です。季節でいえば春は、ライトグリーン。夏はライトブルー。秋はカーキ。冬は黒です。

 

季節感のある襟シャツはインナーとしてもアウターとしても着られるので各季節ごとに一枚は持っておきたいですね。

 

女子ウケするトップスの特徴として首元が開いているアイテムが多いですね。

 

デコルテが見えると、清潔感もあり、スマートな印象になります。

 

カットソーは首の詰まったものよりVネックのカットソーのほうが鎖骨が見えて、女子ウケします。

 

  • アウター

 

メンズファッション

※⇒この商品の詳細はコチラ

 

女子ウケするアウターの定番は、黒のテラードジャケットです。シャツ同様、大人っぽいシルエットは、女子にとって憧れの的です。

 

かっちりしたフォーマルな印象が強いので、ボトムスにデザイン性のある柄パンやカーゴパンツと合わせて、抜け感のあるコーデをするとこなれ感があって大人の余裕を感じます。

 

また、首元にボリュームのあるアウターをセレクトしたコーデも女子ウケはいいですね。

 

ボリュームネックブルゾンやスタンドニットは、首の横方向と背面に生地がある分、首の前部分のデコルテがより美しく見えます。

 

メンズファッション
※⇒この商品の詳細はコチラ

 

特にニットジャケットやカーディガンといったニット素材のアイテムは、知的なイメージが強いようです。

 

ニット素材のアイテムは、ニットの柔らかさとスタンドのクールさがあるアイテムなので、屋内デートやドライブデートで女子がメンズに着てもらいたいアイテムとして根強い人気です。

 

  • コート

 

メンズファッション

※⇒この商品の詳細はコチラ

 

コートでも、同じく細身のラインが女子には人気です。

 

トレンチコートもバックベルトで絞りを効かせることで細身のラインにして着こなすのがかっこいいですね。

 

P-コートでも、スウェード素材で中央に絞りのあるデザインのものが女子の間では人気が高いです。

 

モッズコートもまた、絞りのあるアイテムではありますが、ファーフードは、女子からも賛否両論あるアイテムなので注意が必要です。

 

とにかく女子は細身のラインが好きなのです。

 

  • ボトムス

 

 

ボトムスは、必ずしも細身のラインの物が女子ウケするとは限りません。

 

メンズのスキニーパンツは、生地の薄いものだとスパッツのようになってしまいます。これには女子もドン引きです。

 

レディースアイテムでも、スキニーは流行アイテムですが女性は長い丈のトップスのアイテムが数多く存在するため、スパッツのようになってもトップスでボトムスを隠せるので多少はカバーできます。

 

しかし、男性ではトップスが短い分、生地の薄いスキニーはスパッツ感が半端なくなってしまいます。

 

試着をして生地感の分厚いものを選びましょう。女子ウケするアイテムは、適度に細いデニムやチノパンです。

 

メンズファッション

※⇒この商品の詳細はコチラ

 

デニムはノンウォッシュ加工はマット感が否めないので、立体感の強いウォッシュ加工の物がいいですね。

 

また、小さめのクラッシュは良いですが、大きいダメージは、場面においては女子からNGサインが出てしまいますので注意しましょう。

 

ゆるっとラインのワイドパンツを細身の方が履くのは、ダボダボ感が強く、だらしのない印象になります。

 

デートで着てこられたら、一般ウケはしないと思った方が良いでしょう。

 

 

全体的なイメージとして、女子は縦の細身のラインが好きで「大人っぽい男性」のイメージが好きな傾向が強いのです。

 

つまり全体のシルエットとしては、YラインやIラインは好きだけど、Aラインはダラットした印象になるので好きではないということです。

 

女子ウケするメンズファッションを完成させるにはラインと色に最大限注意することが必要ですね。

 

メンズファッション

 

メンズファッション通販サイトランキング