40代の夏におススメのきれいめカジュアルメンズファッションのメリット

40代の夏のメンズファッションきれいめカジュアルコーデ

 

「キレカジファッション」とは、かっちりスタイルの中に、カジュアルアイテムを合わせたファッションのことです。

 

例えば、黒のテラードジャケット(かっちり)にデニム(カジュアル)を合わせれば、キレカジファッションになります。

 

40代では、かっちり感はファッションに取り入れたいファクターなので、キレカジファッションを極めると、年相応のコーデの幅がぐっと広がりますね。

 

では、「黒のテラードに、スーツ地のスラックスを休日に着ると何がいけないの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

キレカジファッションのメリット

  • 抜け感アイテムをプラスすることで、話しかけやすい雰囲気を作る
  • 若さをアピールできる
  • 明るい印象になれる

 

などがあります。では、具体的にどのようなコーデがあるのでしょうか。

抜け感たっぷりのイタリアンカラージャケットで、活動的な印象のあるコーデを完成させましょう。

40代の夏のメンズファッションきれいめカジュアルコーデ

↑このマネキン買いコーデの詳細はコチラ

 

イタリアンカラージャケットは、ジャケットでありながら台襟がないので、着崩し感のあるジャケットですが、キレイ目ライン(かっちり)の分類です。

 

これに白のカットソーを合わせれば、着崩し感が高く、カジュアルな装いです。

 

それでいて、ジャケットスタイルなので、40代のかっちり感も出すことができます。

 

活動的な印象があるので、人に明るく見られたいシチュエーションの時にはおススメのコーデです。

 

トップスでキレカジスタイルが完成しているので、ボトムスはキレイ目でも、カジュアルでもいいのですが、イタリアンカラージャケット自体が着崩し感のあるアイテムなので、あまりかっちり過ぎるボトムス(例えば、グレンチェックの柄パン)を合わせるとチグハグ感が出てコーデが決まりません。

 

ボトムスはデニムやコーデ例のようにベージュのクロップド丈のチノパン(フルレングスでもアリですよ)などのカジュアルアイテムを合わせる方がコーデが決まりますよ。

明るい印象のキレカジコーデの時には、グレーのテラードジャケットをチョイスしてみましょう。

40代の夏のメンズファッションきれいめカジュアルコーデ

↑このマネキン買いコーデの詳細はコチラ

 

かっちり感をアップさせる時にも、黒ではなくグレーをチョイスすることで、こなれ感を高めることができます。

 

ただし、グレーはニュアンスカラーなので、ぼやっとした印象になりやすいです。

 

こんな時には、締め色効果のある黒のアイテムをインナーに合わせましょう。

 

これで引き締まった印象のコーデになります。テラードジャケットはかっちり感の高いアイテムなので、インナーのカットソーをVネックにして首の肌をチラ見せすることで、抜け感をさらにプラスできます。

 

トップスだけで、キレカジファッションが完成しました。後は、フレッシュさを足しましょう。

 

かっちり感があまり高いと老けた印象になりがちです。

 

トップスでちょっと落ち着いた雰囲気になりすぎた時には、白パンやデニムをボトムスにチョイスすることで、フレッシュな印象のコーデになります。

暑い夏ではポロシャツでキレカジファッションを完成させても、知的な印象で大人感バッチリです!

40代の夏のメンズファッションきれいめカジュアルコーデ

↑このマネキン買いコーデの詳細はコチラ

 

暑い夏のキレカジファッションは、無理にジャケットを羽織り必要はありませんね。

 

ポロシャツが「きれい目」ラインなのでポロシャツにカジュアルなデニムを合わせてもキレカジファッションは完成します。

 

「40代でおススメのポロシャツって何?」…そうですね。

 

派手な印象のポロシャツでも、若すぎますし、おじさん臭いのもイヤですよね。

 

こんな時には、無地のポロシャツで肌見せをするのがベストです。

 

40代の男性には、若者には出せない色気がありますので、首元の肌をチラ見せしましょう。

 

ボタンタイプのポロシャツのボタンを開けてもいいですし、おススメコーデのように、ホリゾンタルカラーのポロシャツをチョイスすれば、首元の肌見せがしやすいのでおススメです。

 

また、このポロシャツは、ワイヤーも入っているので立ち襟スタイルがキープしやすいので、キレイ目スタイルを完成できます。

 

肌をチョイ見せすることで、窮屈感がないのでフルレングスのデニムなどを合わせても爽やかな印象にコーデを完成できますね。

ややかっちり感の高いコーデでは、適度に肌を見せることで、抜け感をプラスして大人のキレカジファッションを完成できます。

40代夏のメンズファッションきれいめカジュアルコーデ

↑このジャケットの詳細はコチラ

40代夏のメンズファッションきれいめカジュアルコーデ

↑このインナーコーデの詳細はコチラ

40代夏のメンズファッションきれいめカジュアルコーデ

↑このパンツの詳細はコチラ

 

40代では、かっちり感の高いアイテムを多めに取り入れたファッションの方が着やすいという方も多くなりますね。

 

スーツ地(ポリエステル・レーヨン混)のパンツをカジュアルファッションに合わせる場合は、トップスでサマーニットのようなカジュアルアイテムと合わせても、トップスがカジュアル、ボトムスがキレイ目(かっちり)なのでキレカジファッションにはなります。

 

しかし、人の目線は上に行くものなのでこのコーデではラフな印象が強くなります。もう少しかっちり感をアピールしたいなら、やはりジャケットを羽織ることをおススメします。

 

おススメコーデ例(アンクルパンツのグレーのコーデ例をご覧ください)のようにイタリアンカラージャケットにスーツ地のアンクルパンツは両者ともかっちり感が強いアイテムです。

 

インナーをカジュアルテイストのVネックのカットソーを合わせることによってキレカジファッションになります。

 

一見アウターとボトムスと、表に出る2アイテムがかっちりなので、フォーマル感が強まりそうですが、スーツ地のパンツが肌見せのアンクル丈ということ、抜け感の高いイタリアンカラーをチョイスしていることで全般的には、カジュアル感とかっちり感がハーフ&ハーフくらいのバランスです。

 

これなら、ちょっとしっかりめのコーデをしたい40代でも着やすいコーデではないでしょうか。

 

まとめ

40代だと、かっちり感の方ばかりに気を取られがちですが、周りの人からの話しかけやすさなどをゲットするのに、ファッションで抜け感をプラスするのも効果的だということが分かりました。

 

かっちりと、カジュアル両者のバランスでキレカジファッションの印象も変化できるので、シチュエーションに合わせて調整してみましょう。

 

TPOに合わせたファッションができれば、ファッションに慣れた大人の男性という印象に見られるのはないでしょうか。

 

おすすめのマネキン買い通販ランキング