メンズファッションの全身コーデのNGパターン

こんにちは、ブログ管理人のミキです^^

 

そもそもコーディネートとは、洋服の組み合わせで印象を作り上げる作業です。

 

メンズファションに限らずレディースでも、このパズルを組み合わせるような作業に頭を悩ますことは多いですよね(*_*;

 

オシャレではなくて、最悪失敗しないコーデはしておきたいところです。

 

では、NGなメンズファッション全身コーデとはどのようなものでしょうか?

 

私なりに考えたメンズファッションのNGな全身コーデを紹介したいと思います。

 

【パターン@ 柄ものトップス×柄物ボトムス】
 

 

メンズファッション

 

トップスもボトムスも柄物だとうるさい印象になってしまいます。

 

例えば千鳥柄のトップスにカモフラ柄のチノパンという組み合わせはNGです。ちなみにボーダーも柄物です。

 

夏のコーデでボーダーのTシャツ×ライトブルーの襟シャツ×チェックの柄パンという組み合わせも柄アイテムが二つになり、爽やかさなイメージにはなりません。

 

このような場合は、ボトムスをホワイトデニムのような無事素材にすると全体のバランスがよくなり、すっきりした印象になります。

 

トップスとボトムスのアイテムに限らず、マフラーやカバンも同じです。

 

トップスがボーダーのニットソーの時にチェックのマフラーを直巻きしては、やはり野暮ったい印象になります。

 

無地のスヌードにするとボーダーアイテムの印象が強まり、全体的にガチャガチャした印象にならずに、スマートなコーディネートになります。

 

【パターンA きれいめラインのトップス×きれいめラインのボトムス】

 

メンズファッション

 

「きれいめ×きれいめコーデ」のどこが悪いの?と思う方もいるかもしれません。

 

きれいすぎるシルエットは例えば黒のテーラードジャケットにキャメルの革パンというコーデだと、全体的につんつるてんな印象になり、コーデとしてNGですね。

 

きれいめのテラードジャケットはカーゴパンツのように横方向にデザイン性のあるシルエットのもと組み合わせることで、抜け感が生まれ全体のバランスがよくなります。

 

【パターンB マットなトップス×マットなボトムス】

 

メンズファッション

 

秋のコーデとして(インナー)白のカットソー×(アウター)ネイビーの無地の襟シャツ×(ボトムス)ベージュのチノパンを考えた場合、全て無地素材だと、全体の印象がのっぺりとフラットな印象になってしまいます。これはNGコーデです。

 

ワンアイテムだけ柄物を足しましょう。

 

アウターを柄物でメリハリある色のネルシャツに変えましょう。

 

ネルシャツは起毛素材なので、季節感ばっちりですし、柄アイテムを足すことで全体にメリハリが生まれ立体的なシルエットになります。

 

夏から秋の移行期で黒の襟シャツを前閉じで着てボトムスに白のパンツを合わせるこのような場合も、無地×無地コーデになります。

 

無地×無地でオシャレ感を出す場合は、ボトムスの白パンツをロールアップして「くるぶしを出す」ワザを使いましょう。

 

肌が見えることでのっぺりした印象が薄くなります。

 

靴アイテムに紐付きの物にするだけでデザイン性が生まれ、全体の印象に躍動感を与えます。

 

ロールアップは、春と秋につけるワザなので、無地でのっぺりしそうな時に使いましょう。

【パターンC 縦長なトップス×細身のボトムス】

 

メンズファッション

 

洋服の縦に長いタートルネックにスキニーパンツを合わせると、全体的にピッチピチの印象になります。

 

細い人はより細く、がっつり体型の方にはぴっちりと窮屈な印象になるのでNGな組み合わせになってしまいます。

 

トップスをショールカラーのニットソーに変えましょう。トップスにボリュームがあるので、ボトムスを細身のラインにすることによってYラインのシルエットコーデになり落ち着いた雰囲気になります。

 

またショールニットソーでなくとも、Vネックのニットにスヌードを巻くことで、同じくトップスにボリューミーになり、スリムのボトムスと相性がよくなります。

 

ボトムスをスキニーにする時は、トップスにボリュームを出すようにしましょう。

 

羽織り物のカーディガンタイプのニットや生地をケーブル編みのように厚みを出すことで細身のボトムスとバランスが良くなります。

 

プルオーバータイプとスキニーを合わせた時に、ボリュームを足したい時は、中綿のベストをアウターとして加えるだけで全身のバランスがよくなります。

 

細身のボトムスとのタートルネックをトップスにした時は、少しゆとりのあるデニムにし、ジップやウォッシュ加工のあるものにすることで、ボトムスにデザイン性が生まれ、のっぺりした印象にならずに済みます。

 

コーデでの全体の印象は相手への心象を大きく左右します。

 

メンズファッションのNGなコーデから、どのような工夫をすれば、全体のバランスがよくなるか分かっていただけたと思います。

 

ぜひコーデのパズルをきれいに組み立てて相手に好印象になる全身コーデを完成させましょう。

 

メンズファッション通販サイトランキング