「流行に流されない=定番」それだけ支持が厚く、飽きがこないファッションだということです

流行に左右されない冬のメンズファッションコーデ

 

トレンドのある服はオシャレに敏感な感じがしてハイセンスな感じがします。

 

でも、その時の流行が自分の好みのものではなかったり、ワンシーズンで買い替えることに嫌悪感を感じる男性も多いのではないでしょうか。

 

こうした時は、流行に関係なく、毎年テッパンで着られる洋服をクローゼットに置いておくのがおススメです。

 

ではトレンド要素がなくても、格好いい冬のメンズコーデってどんなものがあるのでしょう。4つほどご紹介いたします。

 

 

ダウンジャケット

流行に左右されない冬のメンズファッションコーデ

→このコーデの詳細はコチラ

 

気軽に着られるコートの代表格といえば、ダウンジャケットです。毎年、流行に左右されずに登場する冬のコートです。

 

素材やラインに、その年のトレンド要素が入るものの、オーソドックスなアウターです。

 

色も毎年、黒、ブラウン、ネイビー、キャメルは、テッパン色ですね。

 

中綿が入っているので、体型を気にすることなく着られるので、万人ウケしやすいアイテムです。

 

また、屋外に長時間いる時もインナーに多少分厚いニットを着ても、アウターに響くことがないので、防寒性という面では、文句なしの一枚です。

 

ラフなイメージが強いダウンジャケットなので、デニムと合わせて男気たっぷり感を出してもいいですし、ダウンジャケットが黒以外の色の時は、黒のチノパンでかっちり感を出せば、少し大人目に着れます。

 

ショート丈なので、ドライビングデートや、バーベキューなので、腰を曲げる動作が多いシーンでも、とても機能的に着られる一枚です。

 

インナーやボトムスを選ばないので、コーデが苦手な方でも着られますし、毎年定番で必ず出てくるので、気に入ったものを長く着たい人は、ダウンジャケットを一枚持っておくと便利ですね。

 

Pコート

流行に左右されない冬のメンズファッションコーデ

→このコーデの詳細はコチラ

 

メルトン生地のPコートは、毎年似たような形が店頭に並ぶ冬の定番アイテムです。

 

色や、装飾に若干の差があるにせよ、メルトン生地のPコート一枚あれば冬は乗り越えられますね。

 

かっちり感の強いPコートは、コート自体の主張が強くないので、インナーによってコーデのトーンが変えられます。

 

Vネックのカットソーと合わせれば活発な印象ですし、Y字のカーディガンと合わせれば、大人のシックな印象が強くなります。

 

コーデ全体に色味を足したい時には、ワインのニットも知的クールな印象です。

 

Pコートはリーファーカラーという大き目の襟が特徴なので、タートルネックと合わせてもバランスの良いコーデになります。

 

コート自体に色味がないので、「Pコートはつまらない!」という人もいますが、合わせるインナーによって、コーデの方向性をころころ変えられます。

 

一枚のアウターで毎日違うトーンのオシャレを発揮できるなんて、私なら「Pコートってカメレオン見たいで面白い!」なんて思っちゃいます。

 

ロング丈は、かっちりした印象なので、通勤スタイルにもおススメですし、OFFの日は、ショート丈にして、ダメージジーンズやカーゴパンツなど、遊び心のあるボトムスと合わせて甘×辛MIXコーデを楽しむのも、また楽しいですね。

 

定番アイテムだからこそ、同じアイテムを着続けても違和感はありませんし、トレンドを盛り込んだインナーと合わせてモード感を楽しめるのも、Pコートの魅力です。

 

テラードジャケット

流行に左右されない冬のメンズファッションコーデ

→このコーデの詳細はコチラ

 

春・秋のライトアウターとして大活躍なのがテラードジャケットです。

 

素材こそ多くの種類がありますが、定番のポリエステル・レーヨン混のテラードジャケットは毎年、登場します。

 

かっちり感を出すのに、一枚あると便利なテラードジャケットは、キレイ目ラインなので女子ウケのいいアイテムとしても定評があります。

 

一枚あれば、急にフォーマルな場所に行くことになった時にも便利ですし、OFFの日には、レイヤードカットソーと合わせて抜け感のあるコーデを楽しむこともできます。

 

着回し力の高いテラードジャケットも、毎シーズン着られるのであれば、コスパとしては多少高い値段を出してもいいアイテムですね。

 

ダブルやボタンが多いテラードジャケットは、コーデを組み立てる時に、難しくなりますので、シングルで1〜2ボタン位がおススメです。

 

生地が薄いので、インナーにモコモコした素材のものは合わせられませんが、襟シャツやカットソー、ニットソーで首元を出せば、スマートな印象になって大人クールですね。

 

一枚で、かちっと感の強いアイテムなので、ボトムスが抜け感たっぷりなものと組み合わせても、オシャレに着こなせます。

 

春や秋にに、クロップパンツやアンクルパンツなどのアイテムを着こなしたい!と思っていても、勇気がない人いますよね。

 

特に「年齢を重ねると、短めの丈のパンツはラフ過ぎる印象になるのではないかと心配」そんな声もよく聞かれます。

 

そんな時はテラードジャケットと合わせちゃいましょう。

 

一気に大人っぽさが増して、オシャレな人のイメージに早変わりです。

 

一枚でインパクトのあるアイテムがトレンドに左右されず、毎年着られるのは嬉しいですね。シンプルなタイプでも、男女問わず支持が高いので、一枚は持っておきたいアイテムです。

 

黒のチノパン

流行に左右されない冬のメンズファッションコーデ

→このコーデの詳細はコチラ

 

デニムとは違い、落ち着いた色のチノパンなら、コーデ全体をスタイリッシュにまとめてくれます。

 

綿素材なので、ゴワゴワ感もなく、伸縮性もあるので長時間履くのにはおススメです。

 

カラバリも豊富なので、こんな色のパンツが欲しいと思ったら、まずはチノパンを選択肢に入れるといいですよ。

 

チノパンも毎年必ずメンズファッションのお店に登場します。

 

パンツは、スキニーやストレート、ブーツカットなどその年々のトレンドこそあるものの、ストレートタイプはトレンドに左右されることなく、お店に少数は置いてあることが多いですね。

 

スキニーやブーツカットは、履きこなせばカッコいいのですが、履く人の体型を選びます。

 

ボトムスは流行の影響を受けやすいので、スキニーが流行ると、お店のボトムスが一気に細いラインに切り替わったりしますが、チノパンは少数ながらも、標準タイプが毎年店頭に並ぶことが多いアイテムです。

 

生地感にインパクトが強いわけではないので、コーデしやすいのが特徴です。

 

特におススメなのが黒のチノパンです。黒チノパンは、トップスをカジュアルにした時や、色味の強いものを持ってきた時にでも、黒のチノパンを持ってくると、全てを吸収して全体を締める役割を果たしてくれます。

 

冬にはもちろん大活躍しますし、春や秋にロールアップしてくるぶしを出して穿いてもカッコいいですね。

 

シーズンも選ばず、トレンドにも左右されないチノパンは、ヘビロテ間違いなしのアイテムです。

 

 

トレンドアイテムに敏感なのもいいですが、流行に左右されないファッションも、コーデがしやすかったりすることがお分かりいただけたこと思います。

 

毎年、必ず登場するということは、それだけ支持が厚く、飽きがこないファッションだということです。

 

トレンドアイテムとテッパンアイテムをうまく取り入れればオシャレもコーデのしやすさも同時にゲットできます。

 

クローゼットに一枚あると着回せるテッパンアイテムも、積極的にコーデに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

メンズファッション

 

メンズファッション通販サイトランキング