夏のメンズファッションは、爽やかさを全面にアピールすべし!

メンズファッションメンズファッション

 

夏のメンズファッションは、着用する洋服の枚数が少ないのでオシャレ度をアップさせるのが難しくなります。

 

シンプルなコーデが多くなり、マッタリとした印象になりがちです。

 

そんな夏のメンズファッションをどうするか?私なりに考えてみたコーデ&アイテムを紹介したいと思います(^^♪

 

  • トップス

 

 

ザ・爽やか」ともいえる組み合わせは白のカットソーにライトブルーの襟シャツです。両方とも無地なのに、女子ウケ高いコーデです。

 

無地なので、白のカットソーをVネックにして襟元にサングラスをさすと、さし色効果でまったり感は解消されます。

 

爽やかに着こなしたいならサングラスはナシで、襟シャツをなびかせるのがベストですね。

 

一枚できるならポロシャツが楽です。最近のポロシャツの特徴は、襟元が柄物になっていて、襟をスタンドした時に柄がアクセントになっている物もあります。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

襟に柄だったり、大き目のロゴがあったりすると老けた印象になりません。

 

素肌に直接ポロシャツでも良いのですが、汗もかくこの季節。タンクトップがマストです。白だと老けて見えるので黒のカットソーが若々しいアイテムです。

 

また黒のカットソーもおススメです。

 

「夏なのに黒?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、シックな雰囲気の黒のカットソーは、一枚で大人っぽく見える夏アイテムでもあります

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

ボトムスがベージュのパンツやインディゴのデニムとも相性ばっちりですよ。

 

半袖のカットソー×半袖の襟シャツでもいいですね。

 

おススメの襟シャツの素材は麻です。麻は通気性も良く適度に透け感もあるので重ね着なのに、風通しのよさそうな爽やかな印象になります。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

綿シャツと違って、アイロンをかけなくて済むのも便利です。

 

  • アウター

 

 

春から夏の移行期は、まだまだ寒い日もあります。そんな日のアウターに黒のテラードジャケットをチョイスしましょう。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

女子ウケ抜群のこのアイテム、家のクローゼットにあるけどどう着こなせばいいのか分からない…という男性も多いはず。

 

かっちりシルエットのテラードジャケットには白のクロップパンツを合わせましょう。

 

インナーはライトグレーの杢調のVネックカットソーが良いですね。

 

テラードジャケットは春や秋にこそ着回しましょう。夏への移行期は、ボトムスにライトカラーのボトムスにすることで、フォーマルになり過ぎないオシャレコーデになります。

 

特にこの白パンツは、テラードの美シルエットを壊さずに抜け感を演出できる便利アイテムです。

 

もう少し暑ければ、ボトムスの丈をハーフ丈にしても相性抜群です。黒のアウターと白のボトムスで、もう少しカジュアル感を出したいならインナーにボーダーのカットソーを持ってきて、ライトブルーのスリッポンを履けば、カジュアル感のあるマリンコーデになります。

 

カジュアルな、アウターはパーカーが良いですね。麻素材やガーゼ素材の抜け感のある生地にすれば、気軽に季節感をアップできます。

 

夏の暑い時期は、アウターを着ないパターンもありますが、柄シャツに黒のジレを合わせて、柄のカジュアル感をシックな雰囲気をプラスするという技もあります。

 

ジレは、腰部分に絞りがあるタイプの物が多いので綿シャツのだぼっとしたシルエットを引き締めてくれる役割があるので着やせ効果になります。

 

  • ボトムス

 

 

毎年、どの程度の丈のハーフパンツが流行するのかは、楽しみではありますが、流行の丈=女子ウケのいい丈というわkではありません。

 

去年流行した膝上丈には悲鳴を上げた女子も多かったのです。代官山や青山で、オシャレ上級者のトップスには合うアイテムも一般ウケしたかは微妙なところでした。
その最大の要因は「すね毛」です。

 

日本人は、すね毛の処理を行わないので、短すぎる丈感には拒否感が高いのです。

 

かといって真夏の暑い時期にフルレングスのパンツも野暮ったいですね。すね下は、専用のすきバサミで適度に処理するのが、いいです。

 

女子ウケのが良いのは膝が隠れるくらいの丈です。

 

ハーフパンツの裾の加工も切りっぱなしのやロールアップなどがあります。切りっぱなしは、フィット感が強いので、帽子でかぶってトップにボリュームを出すと全体のバランスがよくなります。

 

トップスが無地な物やシンプルな物を好む方なら、ロールアップがいいですね。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

折り返し部分が柄になっていたりすると、トップスが無地の時にメリハリある印象になります。

 

裾に絞り用の紐が付いている物もマリンテイストで季節感も合ってオシャレなアイテムですね。

 

 

 

夏靴の定番はスリッポンですね。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

足の肌の露出が多いこの靴は夏に涼しい印象を強調します。紐がないのが特徴で、気軽に履ける便利アイテムです。

 

ナイロン素材の物も出ていますが、少しクラシカルな印象にしたい場合は、革素材にすると、ぐっと落ちついた雰囲気になります。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

夏のコーデは単一色コーデになりがちなので、インパクトをつけるならボーダーなどの柄物にすると、全体のバランスが良くなります。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

例えば白のカットソ(インナー)ー×ライトブルーの襟シャツ(アウター)×ベージュのハーフパンツ(ボトムス)というシンプルコーデの時に柄アイテムを一つ足すと、全体が華やかな印象になります。

 

また、紐靴の夏靴ではスニーカーもありですが、履き口がローカットされている靴にしてくるぶしをきっちり出すことを意識しましょう。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

こうすることで爽やかな印象になります。

 

夏靴は、生地選びも大切です。海に遊びに行くのに革素材はNGですね。

 

サンダルもアリですが、車の運転がある方は、かかとがある靴の方がいいですね。

 

生地をキャンパス地の靴は、重くなりすぎずリゾート感たっぷりに履きこなせます。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

  • かばん

 

 

夏のコーデは洋服がシンプルコーデになるので、靴やカバンでインパクトを付けるのも一つの技です。

 

例えば(アウター)ライトブルーの襟シャツ×(インナー)白のカットソー×(ボトムス)ベージュのハーフパンツ×(靴)紺のスリッポン とコーデしたとします。

 

「ザ・爽やか」なコーデです。これでも十分ですが、もう少し夏の元気なイメージを出したいならボーダーのトートバッグを加えるのがオススメです。

 

メンズファッション
※↑の商品の詳細はコチラから

 

トートバッグは生地の面積分が大きいので、コーデにインパクトを与えたい時に効果大です。

 

しかも、トートは持ち方によって、トートの柄の位置を動かせます。

 

例えば黒のシンプルなポロシャツの場合は、肩にがっつりトートを背負う感じで持てばトップスのアクセントになります。

 

また白の無地のハーフパンツのコーデの場合は、取っ手を普通に持てば、ボトムスのアクセントになります。

 

もう少し大人な印象にしたい時はダーク色の柄物のカバンがいいですね。持ち手が革のカバンは落ち着いた夏のラフなコーデの中に大人の落ち着いた雰囲気を印象づけてくれるアイテムです。

 

 

夏のメンズファッションは、小物をうまく使うことで、夏っぽさや大人っぽさを強調できます。洋服自体を爽やかにして、小物をうまく使いこなしましょう。

 

メンズファッション

 

メンズファッション通販サイトランキング